YAZIUP CLUB会員募集中

女が男を振るリアルな理由が恐ろしすぎる件

  • 2019/02/01
  • モテ
  • 166view
  • YAZIUP運営
タグ

フラれた「本当の理由」を考えたことはありますか?

フラれた「本当の理由」を考えたことはありますか?
「ごめんなさい…」
「恋愛する気になれなくて…」
「今は仕事が一番だから…」
「大丈夫、私より素敵な女性が見つかるよ」

…という“フワッと”した言葉で、フラれた経験はありませんか?
これらは「相手をできるだけ傷つけないように」とする気遣いが見られますが、「本当の理由はとてもじゃないけど本人に言えない」という場合もあります。

そこで今回は『女が男を振るリアルな理由』をショック度別にご紹介!
心当たりがあるからといって、やけ酒に走らぬよう、くれぐれもご注意ください!

 

ショック度★☆☆☆☆

■よく知らない
・あまり接点がないのに、急に告白されても困っちゃう
・食事にすら行ったことがないのに…
・「逆に、私の何を知ってるの?」と問いたい

あまり話したことがなくても、「見た目が好き」「周囲の評判がいい」などの理由で、恋に落ちる人もいるでしょう。
女性によっては、あまり知らない人でも「タイプだからOK♪」とカップルが成立する場合もありますが、警戒心が強い女性は「どうして?」という疑問が先に浮かびます。
今のご時世、ストーカーと疑われてしまっては大変なので、告白するなら心の距離を縮めてからが理想ですね。

 

ショック度★★☆☆☆

■タイプじゃない
・顔や体型が好みじゃない
・性格が合わない

相手がタイプじゃなくても気にしない女性もいれば、タイプじゃないと絶対に付き合わない女性もいます。
とはいえ、面と向かって「タイプじゃないから付き合えない」とはなかなか言えないものです。
ですが、フラれた側も「タイプじゃないなら仕方ないかぁ…」と納得せざるを得ないので、ショック度は小さめ。

 

ショック度★★★☆☆

■押しに負けただけ
・押しに負けてデートしちゃった
・LINEがバンバン来るから、仕方なく相手してただけ
・ご飯の誘いも、断りにくい雰囲気だったから…

頻繁に連絡を取るし、食事にだって行った。
デートだってした。
何なら、セックスもした。
なのに、フラれた!!
…という場合、女性が「押しに負けていただけ」という可能性があります。
ただただ押すだけではなく、時には引いて相手の気持ちを探ってみてはいかがでしょうか。

 

ショック度★★★★☆

■友達としか見られない
仲が良かっただけにショックなのが「友達としか見られない」という理由。
「友達だからこそ気軽に付き合えるのであって、彼氏にはしたくないタイプ」という厳しい意見もあります。

■経済面・金銭面での理由
・好きな物をバンバン買ってるのを見て、将来性がなさそうだと思った
・借金があると知ったから
・貯金がないのはさすがにヤバイと思う

「付き合うなら将来性のある人がいい」と思うものですが、お金の問題はなかなかデリケート。
人によってはプライドが深く傷つくため「振るときにも、あえて指摘はしない」という女性もいます。

「そんな銭ゲバ女は、こっちから願い下げだ!」と開き直るのも、「500円玉貯金から始めようかな…」と反省するのもよし。
経済面・金銭面での価値観も、告白の返事を左右する重要なポイントであることを覚えておきましょう。

 

ショック度★★★★★

■生理的に無理
・この人とはセックスできないと思ったから
・一緒に歩きたくない

一度でも生理的な嫌悪感を覚えると、そう簡単には払しょくできません。
生理的に無理と感じる理由は人それぞれですが、代表的なものには
・服装や髪型がだらしない
・不潔
・体臭や口臭がキツイ
などがあります。

「●●くんなら、もっといい女性に出会えるよ!私にはもったいない!」と言っていたくせに、心の中では「生理的に無理ですからーー!」と拒絶していたのか!と思うと、ショックを通り越して恐ろしささえ感じますが、「この人とは縁がなかったんだ」と潔く諦めるのが大人というもの。
悔しければ、もっとイイ男になって見返してやりましょう!

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ