悪気なく妻を悲しませる「夫の言動」

  • 2017/10/14
  • ライフスタイル・娯楽
  • 413view
  • YAZIUP運営
タグ

傷つけるつもりはなかったのに…

そんなつもりはなくても、何気ない言動で奥さんの心を深く傷つけることがあります。
性格や価値観の不一致と言ってしまえばそれまでですが、いつまでもラブラブでいたいなら「妻を悲しませてしまう言動」を知っておくと安心です。

 

 

【料理編】「簡単なものでいいよ」

【料理編】「簡単なものでいいよ」

仕事や育児で忙しいと、料理にじっくり時間をかけることができません。
そんな時、妻を気遣って「簡単なものでいいよ」と声をかけたことはありませんか。
妻にしてみれば「私が作って当たり前って思ってるでしょ」「じゃあ、あなたが作ればいいのに」と悲しくなりますし、「この人は私のことを何もわかってくれていない」という離婚の動機にもつながります。

 

 

【料理編】「これ、体にいいらしいよ」

【料理編】「これ、体にいいらしいよ」

「メタボが気になるから毎日サラダが食べたい」「具沢山の味噌汁って体にいいらしいね」という何気ない一言。
これも妻を悲しませる「リクエスト」です。
兼業主婦はもちろんのこと、専業主婦でも子育て真っ只中の主婦の場合、少しでも家事の負担を減らしたいと思うのが普通です。

 

 

【育児編】「夜泣きなんて気にしたことない!」

【育児編】「夜泣きなんて気にしたことない!」

子供が小さいうちは夜泣きがつき物ですが、奥さんに心配をかけたくなくて「夜泣き?俺は大丈夫だよ!泣き声とか気にならないし」と声をかけるのは賛成できません。
夜泣きで起きた子供をあやしているのは誰でしょうか。
「夫は仕事で疲れているから、夜泣きくらい私が何とかしなきゃ」と思う妻もいますが、「私は寝不足なのに…」と悲しむ妻もいることを忘れてはいけません。

 

 

【育児編】「どうして言うことを聞かないんだろう」

【育児編】「どうして言うことを聞かないんだろう」

子供が言うことを聞かない時、思わず本音が漏れることがあります。
そんな時、あなた自身で解決していますか?それとも奥さんにバトンタッチしていますか?
いずれにしても妻は「子供なんだから当たり前でしょ…」と冷ややかです。
普段から子育てに協力的であれば「どうして言うことを聞かないんだろう」「そうだよね~」で済むかもしれませんが、たまにしか子供の面倒を見ない夫に同じことを言われたら「この人は努力をしたのだろうか」「私の子育ての仕方が悪いとでも言いたいのか」と悲しくなります。

 

 

なぜ、ネガティブにとらえてしまうのか

悪気のない発言でもいちいちネガティブにとらえてしまうのは、日ごろから夫に対する不満がたまっている証拠です。
「この人は私のことをわかってくれている」「家事も育児も手伝ってくれている」「家族を大切にしてくれている」と心から感謝されている夫なら、今回紹介した発言くらいで奥さんが悲しむことはないでしょう。
ちょっとしたことで妻が不機嫌になると「こんな小さいことでいちいち何だよ!」と呆れてしまいそうになりますが、あなたに対する不満が爆発する寸前だと思ってください。
夫婦とはいえ他人なので、価値観が違う以上わかりあえないこともありますが、突っぱねずに夫婦で解決策を導き出したいものです。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ