25歳で急逝した才能の塊【ランディ・ローズ】というスーパー・ギターヒーローのこと

  • 2018/12/18
  • ライフスタイル・娯楽
  • 117view
  • YAZIUP運営
タグ

知る人ぞ知るギターヒーロー

知る人ぞ知るギターヒーロー
「オジー・オズボーンは何となく知っている」くらいの人なら、ランディ・ローズというギタリストの名を聞いても、もしかしたらピンと来ないかもしれません。
ですが、オジーのファンはもちろんのこと、ロックやギターを愛する人なら、ランディのプレイに幾度となく熱狂し、そして、あまりにも早すぎる死に涙したはず―――。

 

早くから才能を開花させていたランディ・ローズ

ランディがロックギターに目覚めたのは8歳のころ。1965年のことでした。
1969年からランディにエレキギターを教えていたスコット・シェリー(母親が経営する音楽学校の講師)は、わずか1年くらいで「僕が教えられることをすべて覚えている」と述べています。
ギターの才能を開花させたランディは、母親のすすめでピアノも習っていましたが、こちらは長続きしかなったようです。

1970年ごろには、兄のケル・ローズとバンドを結成。
バンド名は母親のミドルネームであるヴァイオレットからとって「ヴァイオレット・フォックス」と名付けられました。
ところが、バンドはわずか5か月で解散しています。
その後は、ディープ・パープルのリッチー・ブラックモアのコピーに没頭し、ギターの腕前をメキメキと上げていったとのこと。

1973年から1975年ごろまでは、母親の音楽学校でギターの講師も経験し、教えることを通して多くのことを学んだといいます。
生徒のなかには後にオジー・オズボーン・バンドに加わることとなるジョー・ホームズもいたとのことで、なにか運命的なものを感じずにはいられません。

 

クワイエット・ライオットの結成

1975年、ランディを中心に結成されたバンド「クワイエット・ローズ」は、デビューライブで1,500人以上を動員しました。
ところが、各レコード会社にデモテープを送付するも、コンタクトをとるのに成功したのは現在のソニー・ミュージックレコーズ(当時のCBSソニー)のみという苦しい結果に。
本国アメリカでは残念ながらデビューとはなりませんでしたが、日本では1978年3月に「静かなる暴動」でデビューを果たし、12月には2枚目のアルバム「暴動に明日はない」を発表しています。

 

オジー・オズボーンとの出会い

1979年、ブラック・サバスを脱退したオジーは、新しいギタリストを探していました。
ランディはそのことを知ってはいましたが、バンドの練習やライブで忙しく「興味がないから」と断っていたようです。
ですが、母がランディにオーディションを受けてみるようにすすめたことや、オジーの友人がオジーに「ランディのプレイを観るべき」と助言したことなどが重なって、ついに2人は運命の出会いを果たします。

オジーは当時、ソロ活動に対して不安のほうが大きく、途方に暮れていました。
その不安を払拭しただけでなく、オジーの未来をも明るく照らしたのが、ランディに他ならない…といっても過言ではないはずです。
それほど、ランディとの出会いはオジーにとって衝撃的であり、オーディションではランディがウォーミングアップ程度に少し弾いただけで、オジーは迷わず即決したといいます。

そして、ランディはイギリスでオジーとともに曲作りをスタート。
1980年に発表したファーストアルバム「ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説」は、全英チャート15位に輝き、瞬く間にギターヒーローとして全世界にその名を轟かせました。

 

小型飛行機の墜落で…

アメリカでも大きなツアーを展開し、すべてがうまくいっていたはず…でした。
1982年3月19日、ランディを乗せた小型飛行機が墜落。即死だったといいます。ランディを失ったオジーは、アルコールとドラッグにおぼれ、それはブラック・サバス時代以上の荒れようだったようです。
本当に早すぎる死でした。

まだ、ちゃんとランディのプレイを観たことがないという方のために、貴重な映像を1つご紹介。

OZZY OSBOURNE – “Mr. Crowley” Live 1981
気になった方は是非、ランディが奏でた曲、そして素晴らしいフレーズを聴いてみてください。
テクニックはもちろん、圧倒的なセンスにも脱帽するはずです。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ