YAZIUP CLUB会員募集中

実は誰でもできる!水泳で体力向上とダイエット

  • 2018/11/25
  • ボディメイク
  • 85view
  • 加藤薩樹
タグ

改めて注目したい「水泳」の有効性

改めて注目したい「水泳」の有効性
最近ややブームは下火とはいえフィットネスとして根強い人気があるのが「水泳」です。水泳はダイエットや心肺機能向上、筋力強化に役立つ上、関節に大きな負担を掛けないため子供から年配者まで幅広い層に適したエクササイズと言えます。

ただ、泳ぎが苦手な人や、人前で半裸になることに抵抗を感じるオヤジにとってはややハードルが高い面もあるかもしれませんね。

しかしそれでも水泳はオヤジに極めて適した運動であることは間違いありません。突き出たお腹が露出してしまうことにはじめは抵抗を感じるかもしれませんが、むしろそのお腹を小さくするために水泳を頑張るわけですから湧き上がるモチベーションの源泉にしてしまえばいいのです。

今回は水泳のメリットや特徴について簡単に解説していきましょう。新たに何か運動習慣を生活に組み入れたいという人には、是非水泳の導入を検討して頂きたいですね。

 

場所さえあれば気軽にできる!

場所さえあれば気軽にできる!
水泳に必要なものとは…そう、なんといってもプールですよね。もちろん全天候型季節関係無しの温水プールです。間違っても冬の海や川で泳ごうとはしてはいけませんよ。死にますからね。

自分の行動範囲内にプールやプール付きのジムがあればそれだけで条件はほぼ整ったと考えて良いえしょう。水泳は水着だけあれば実施可能。他には特に道具は必要ありません。
泳ぎに自信のない人ははじめは歩くだけでもいいでしょう。水が筋肉の抵抗となり全身の体力を向上させてくれます。久々にプールに入るとその心地よさと爽快さに驚くはずです。これは体験した人にしか分からない事なのですが、お風呂や温泉とも違うなんとも言えない心地よさがプールにはあるのです。

 

仮想ライバルが随時出現?

仮想ライバルが随時出現?
水泳は競技としては個人種目なのですが、実際にプールで泳いでいるとたくさんの仮想ライバルが続々と出現するために全く単調な運動にはならないのです。

水泳は各自それぞれのレーンを使って泳ぎますが、真横のレーンに自分と同じくらいのレベルの泳者が現れることは珍しくなく「俺の方が先にターンしてやる!」とか「あいつを追い抜いてやる!」とか「俺の方が長く泳ぎ続けてやる!」という思いや考えを懐きながら泳ぐことができるのです。泳力の成長については自分で記録をとることが確実なのですが、無言のうちに他人と競争できるのも水泳にハマる人が多い大きな理由となっているのです。

 

意外と人間関係も広がりやすい水泳

意外と人間関係も広がりやすい水泳
水泳は前述した通り個人競技ではあるのですが、実はプールに通い出すと新しい人間関係が広がりやすいという特徴があります。

泳ぎの合間におばちゃんや同世代の男性から話しかけられることもありますし、ロッカールームで常連さん同士で話が盛り上がることも多いのです。これはやはり「裸の付き合い」があるかもしれませんね。男性の場合は特に水着とはいえ上半身裸でコミュニケーションをとるわけですから。

大人になるとなかなか仕事関係以外では知り合いは増えませんし友人や仲間もできません。しかし水泳を始めるといろいろな人と仲良くなれるという特典もついてくるのです。

手軽に健康的に新しい趣味を持ちたいと思うなら、是非「水泳」も候補の一つに入れて検討して頂ければと思います。

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ