YAZIUP CLUB会員募集中

思い込みの恐ろしさを知った、サッカー日本代表戦

  • 2017/10/14
  • ライフスタイル・娯楽
  • 292view
  • アントニオ犬助
タグ
  • スポーツ
  • サッカー
  • スポーツ
  • ライフスタイル
  • 日本
  • 趣味

看板が凹んでいるのは、なぜなんだ?!

看板が凹んでいるのはなぜなんだ!
先日、サッカー日本代表の国際親善試合・ニュージーランド戦の中継が、犬助の家のリビングで流れていました。
正直、犬助はサッカーがよくわからないので、試合自体、熱心に観るわけでもなく、ただゲームが流れているのを眺めていたのですが……どうしても気になることがありました。

それは、サッカーゴールの両端に並んでいる看板です。
「キリン」とか「au」とか、よく見かけるスポンサー名が入っているのですが、何か違和感がある。見た目がどうも不自然なのです。

その原因は看板にある大きな凹み、凹みだけではありません「au」の看板の右端が欠けているのです。

「サッカー選手ともなると、看板を凹ますぐらいのシュートを打つのかな?」とも思ったのですが、その看板が設置されているのはゴールから遠く離れた位置。
いくら決定力に欠ける日本代表、宇宙開発こそしようとも、あんな明後日の方向にシュートを放つとも思えない、では、あんなに看板が凹んだ原因は何?

……こうなると、どうしようもありません。
ゲームの内容などそっちのけ、犬助は看板が気になって仕方がない。ずーっと看板を眺めるという、よくわからない観戦となったのでした。

 

看板のようで、看板ではないとはこれいかに

さて、トイレにいって帰ってきて、改めてゴールのそばの看板を見る。すると……先程まであったauの看板の凹みがなくなっているではないですか!!
破損した看板を、ゲームが止まった瞬間にでも差し替えたのかな? サッカー代表戦とはいえスポンサーは絶対、看板を破損させたままではマズいんだ、などと考えていました。
そのことを一緒に観戦していた息子に伝えると「え、あれって看板だと思ってるの?」などと不思議なことを言い出すのです。

「あれって、スポンサー名が印刷された布をひいてあるだけだよ」

 

「90°システム看板」とは、これいかに?

「90°システム看板」とはこれいかに
特定のカメラに写るであろう絵を、計算して歪めた画像を布に印刷し地面にひいておく。
これは「90°システム看板」と呼ばれるもので、サッカーの中継ではよく見る手法なのだとか。

だからピッチ内の選手にとっては、平べったい変な形をした画像がサッカーゴールのそばの地面にひかれているだけでしかありませんから、プレイの妨げには一切ならない。
同じく、スタジアム内の観客にとっても、それは布でしかなく看板ではないので、観戦のジャマにはならないというのです。

 

犬助的に大いに意味はあった、ニュージーランド戦

犬助的に大いに意味はあった、ニュージーランド戦
少し調べてみると、90°システム看板が一躍有名になったのは、数年前の「ナビスコカップ」。
ゴールポストの横にそびえたつ巨大チップスターの缶が出現した時だった、とありました。

これを知ってからゴールポストの横の看板を見ると、もう布にしか思えなくなってくるから不思議なもの。一枚の布ならば破損した看板を直すのもたやすいこと、といいますか凹みを直したどころか、単に寄っていたシワを直しただけのこと、そりゃあ一瞬ですんじゃいますよね。

オヤジともなると、いったん頭で思い込んでしまうと、それから自由になることはなかなかできないもの。90°システム看板ではないですが、そんな思い込みでとんでもないミスを起こしていないかと、少々心配になったしだいです。

視点を変えてみる、なんて日常的に使う言葉ではありますが、実際にはどれだけ難しいことか!! と実感したサッカー観戦。
村上春樹さんみたいなルックスをした選手が「意味のない試合だった」などとコメントを残していたらしいですが、なかなかどうして。犬助にとっては、非常に意味がある一戦だったのです。

この記事につけられたタグ

  • スポーツ
  • サッカー
  • スポーツ
  • ライフスタイル
  • 日本
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ