YAZIUP CLUB会員募集中

航空自衛隊のブルーインパルスに注目!アクロバット飛行がカッコイイ

  • 2017/09/22
  • ライフスタイル・娯楽
  • 244view
  • 松村 昴
タグ

航空自衛隊のブルーインパルスって?

航空自衛隊のブルーインパルスを知っているでしょうか。ブルーインパルスはアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門のチームのことです。ブルーインパルスの正式名称は、宮城県松島基地の第4航空団に所属する『第11飛行隊』です。航空自衛隊を世間に知ってもらうための広報活動をする部隊であり、華麗なアクロバット飛行はカッコよくて見る人を感動させます。そんなアクロバット飛行をするチーム・ブルーインパルスについて紹介していきます。

航空自衛隊のブルーインパルスって?

ブルーインパルスの歴史について

ブルーインパルスは1960年に浜松基地第1航空団第2飛行隊内に「空中機動研究班」として設立されました。当時の機体はF-86で米国から供与された戦闘機です。ブルーインパルスは、1964年の東京オリンピック開会式でカラースモークにより五輪マークを描いたことで有名です。また、大阪万博でもブルーインパルスは「EXPO`70」の文字を描いています。1982年になると2代目ブルーインパルスとしてT-2が使用されるようになります。2代目は松島基地第4航空団第21飛行隊内に「戦技研究班」として発足しました。そして、1995年以降は3代目ブルーインパルスとしてT-4が使用されるようになったのです。

ブルーインパルスの歴史について

 

T-4の機体になってから

ブルーインパルスはT-4の機体となってから始めて独立した飛行隊となり、『第11飛行隊』が発足したのです。第11飛行隊となってからは初の海外遠征や長野オリンピック、日韓ワールドカップなどでブルーインパルスはアクロバット飛行を披露して多くの人に感動を与えたのです。ちなみに、ブルーインパルスは松島基地にて見学することができます。ただし、見学希望日の1ヶ月前までにお問い合わせが必要なので注意してください。

 

ブルーインパルスのパイロット

ブルーインパルスのパイロットの任期は3年と決まっています。1年目はTR(訓練待機)として演技を取得し、アクロバット飛行の際にはナレーションや後席に搭乗するのです。そして、2年目からOR(任務待機)として実際にアクロバット飛行をするのです。3年目からはアクロバット飛行を行いつつ、担当ポジションの教官となりTRに指導します。ブルーインパルスのパイロットは全国の飛行機部隊から選ばれています。それだけに、練度が高く日本トップクラスのパイロットと言っても過言ではありません。

ブルーインパルスのパイロット

今後のブルーインパルスの予定

ブルーインパルスは独立した飛行隊であり、航空自衛隊の広報活動をしています。そのため、全国各地でアクロバット飛行を披露しています。今後もブルーインパルスのアクロバット飛行が披露されるイベントが多く予定されています。10月15日には静岡県浜松基地、10月22日・29日には茨城県百里基地でアクロバット飛行の予定です。ブルーインパルスのアクロバット飛行は驚異のパフォーマンスで驚きの連続です。ぜひ機会がありましたら、ブルーインパルスのアクロバット飛行を生で見てみてください。華麗なパフォーマンスで感動させてくれます。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ