YAZIUP CLUB会員募集中

必見!ハードボイルド系オススメ映画5選

  • 2018/08/30
  • ライフスタイル・娯楽
  • 74view
  • 加藤薩樹
タグ

ハードボイルド映画を参考にするのだ!

ハードボイルド映画を参考にするのだ!

ある程度年齢のいった男のかっこよさとは決して顔やファッションだけではありません。やはり生き様から漂う、独特の雰囲気や色気が大切になるのです。

そのためには言葉や声のトーン、そして仕草が自然かつ洗練されていて、ハードボイルド感がなければいけませんよね。

渋い大人の男になるための一番の参考書はハードボイルド映画です。今回は特にオススメの作品を5つご紹介しましょう。どれもこれも男のカッコよさが漲っています。

若い奴から憧れを持たれるようなオヤジになるために。先輩ハードボイルダーの仕草をパクりまくっちゃいましょう!

 

オススメ①ジョン・ウィック

オススメ①ジョン・ウィック

公開年:2014年
監督:チャド・スタエルスキー
出演:キアヌ・リーブス

まず一本目はみんな大好キアヌ・リーブス主演のジョン・ウィックです!かなり新し目の作品ですね。

あらすじとしてはベタな復讐劇なんですが、ガンアクションやバトルシーンがかなり気合入れて作られていますね。ただ、キアヌ自身が製作総指揮を短頭していることもあってか、独特に静けさというか哀愁もあり、あまりハリウッド感爆発の派手な仕上がりにはなっていません。

一度は引退したものの、大切なものを奪われた元殺し屋のハードボイルドな生き様をたっぷりと堪能して頂ければと思います!

 

オススメ②ダーティハリー

オススメ②ダーティハリー

公開年:1971年
監督:ドン・シーゲル
出演:クリント・イーストウッド

二本目はやっぱりコレ!ダーティーハリーをはずすわけにはいきませんね。クリント・イーストウッドの超名作。すでに見たことのある人がほとんどかもしれませんが、大人になった今、もう一度改めてじっくり見てみると若い頃とは違った感想を持つと思います。

見どころとしてはハリー刑事と犯人との息をもつかせぬ攻防ですね。クリント・イーストウッドの素晴らしい演技はさすがとしか言いようがありません。

ダーティーハリーはシリーズ5作目まで作られた超人気映画。その一作目は確実に鑑賞しておく必要がありますね。

 

オススメ③沈黙の報復

オススメ③沈黙の報復

公開年:2007年
監督:ドン・E・ファンルロイ
出演:スティーヴン・セガール

三本目はいよいよコイツの登場です!そうセガール兄貴!オールバックの激強マッチョメンといえばスティーブン・セガールですよね!

息子を殺されたオヤジの怒りが大爆発しギャングを次々とぶっ殺していくストーリーは爽快としか言いようがありません。

ちょっと変わっているのは、セガールが単独で戦うのではなくマフィアの相棒がいること。こちらも含めてハードボイルド感強めで素敵です。ちょっと派手な感じの映画が好きな人は絶対大好物だと思いますよ!

 

オススメ④チャイナタウン

公開年:1974年
監督:ロマン・ポランスキー
出演: ジャック・ニコルソン

四本目もちょっと古い映画ですがやはり名作です。こちらは探偵が主人公。はじめは単なる浮気調査からスタートする物語ですが、殺人事件が起きたり主人公自身も暴行事件に巻き込まれたりと次々とトラブルが発生します。最後の大どんでん返しも含めて非常に楽しめる作品ですし、古さを感じさせない漢のかっこよさを十分堪能できることでしょう。

 

オススメ⑤バンコック・デンジャラス

オススメ⑤バンコック・デンジャラス

公開年:2008年
監督:オキサイド・パン
出演:ニコラス・ケイジ

こちらも大人気俳優、ニコラス・ケイジ主演の映画です。ハゲててもかっこいい男の代表格ですよね彼は。

引退を決意した暗殺者が主人公。その最後の仕事として引受けた殺人をベースにストーリーは展開されていきます。

冷酷な暗殺者が人としての優しさやぬくもりを手に入れようともがき、葛藤する場面もなんだか切なさを感じさせてくれます。ラストもとっても雰囲気が良いですし、子供や若い人には分からないかもしれませんが、オヤジが見る映画としては秀作だと思いますね。ハゲている人もそうでない人も、ぜひご覧ください!

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ