YAZIUP CLUB会員募集中

たったの指2本で出来る!嘘みたいな速攻ストレス解消法「タッピング」とは?

  • 2018/01/16
  • ヘルスケア
  • 121view
  • 加藤薩樹
タグ

心理療法「タッピング」とは

心理療法「タッピング」とは

タッピングとは心理療法の一つで、極めて簡単な方法ながら効果的に精神的ストレスを解消することが出来るとして注目されているテクニックです。米国では既に1970年代から実践されており、日本でも日常的なストレス解消だけでなく、震災のような大規模災害時のケア方法として活用されています。

タッピングはその名の通り、指で特定のツボをトントンと軽く刺激するだけの方法です。「こんな刺激で何か効果があるの?」と、疑ってしまいそうになる程簡単なものですが、実際に利用者はどんどん増えているんですね。

具体的にはタッピングには以下のような効果があると認められています。

・自律神経の改善
・自己概念の健全化
・トラウマやPTSDの改善
・うつ病などの精神疾患
・メンタルヘルス障害の予防や改善

タッピングには副作用がありませんし道具が必要ない事からすぐに実践することができます。

 

タッピングとエネルギー心理学

タッピングとエネルギー心理学

人間の体は神秘に満ち溢れており、いうなれば一つの宇宙。コスモなのです。そして、このコスモはエネルギーとして神経や筋肉を動かしています。エネルギーは体全体のバランスを調整し、健康を維持しているわけです。

人間が何の問題もなく生活している上においては、エネルギーのバランスや流れは調和が確保されており健康的で健全な生活を営むことができます。しかし、思考や感情がネガティブに傾くとエネルギーの流れにも悪影響を及ぼすのです。

人間の精神的な状態と体のエネルギーバランスについては、エネルギー心理学として既に5000年の歴史があります。5000年前といえば古代エジプト文明やメソポタミア文明の時代ですからいかに古くからエネルギー心理学が注目されていたのかが分かりますね。

近年ではタッピングによって脳波にどのような影響を与えるかが少しずつ明らかになってきましたし、タッピングするツボの順番によって心的動揺の状態を適切にチューニングする技術(アルゴリズム)も確定されています。これによってタッピング初心者でも適切な施術が実行可能となったわけです。

今回はます、初心者でも簡単なタッピング・アルゴリズムを覚える事としましょう。そしてタッピングの素晴らしさを周囲の様々な人にご紹介頂ければと思います。

 

タッピングの初級アルゴリズムとは

タッピングの初級アルゴリズムとは

それでは具体的なタッピングの実践方法についてです。タッピングは人差し指と中指の二本を使い、ツボをトントンと軽く叩くように刺激します。

①まず自分の中で気になっているストレスの原因。問題点をイメージします。
②次に圧通領域と呼ばれる胸の上(鎖骨近辺)を15回程円を描くようにさすります。
③眉頭⇒目の下⇒わきの下⇒鎖骨下の順番で5回ずつタッピングします。
④ガミュートと呼ばれるポイントをタッピングしながら以下の動作を行います。一つの動作は5回タッピングする間に実施します。
・目を開けて瞬きをしない
・目をつむったまま
・目を開けて顔の向きは変えずに視線を右下に
・そのまま視線を左下に
・目をぐりぐり回転させる
・反対向きに目を回転させる
・鼻歌を唄う
・数字をゆっくり1から5まで数える
・鼻歌を唄う
※ガミュートとは手の甲の小指付け根下付近です。
⑤眉頭⇒目の下⇒わきの下⇒鎖骨下の順番で5回ずつタッピングします。
⑥ガミュートをタップしながら視線だけを真下から真上に動かす

以上を3回繰り返します。これで心理的なストレスはだいぶ解消されるはずです。

 

タッピングは子供にも効果的?

タッピングは子供にも効果的?

ちなみにタッピングは大人だけでなく、子供にも効果的とされています。子供の社会でもいじめ問題や、受験、恋愛など様々な悩みが多く存在します。彼らの精神的ストレスを解消し健やかな成長を実現するにはタッピングは必要不可欠な存在となりつつあるのです。
貴方自身がタッピングによる効果を感じられたなら、是非悩める青少年たちにもタッピングの素晴らしさを伝えてあげましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ