YAZIUP CLUB会員募集中

女性に「一緒にいると落ち着く」と思われたいときに役立つヒント5つ

  • 2019/01/30
  • モテ
  • 373view
  • YAZIUP運営
タグ
  • テクニック
  • コミュニケーション
  • モテ
  • 心理
  • 恋愛
  • 恋愛テクニック

「一緒にいると落ち着く」のは理由がある!

「一緒にいると落ち着く」のは理由がある!
将来を考えて付き合うなら、冒険よりも落ち着きを求めるもの。
「一緒にいるとなんだか落ち着く」と思うパートナーと結ばれたいのは、男性も女性も同じなのです。
では、具体的にどんな男性が「一緒にいると落ち着く」と思われるのでしょうか?

 

感情の波が少ない男

イライラしている姿を見ると、自分までイライラしてしまう…ということがよくあります。
イライラだけでなく、悲しみ、不安、怒りなどの感情は周囲の人に伝染しやすいため、感情の波が激しい人と一緒にいると大変です。

一般的には、男性よりも女性のほうが感情的になりやすい傾向があるとされています。
「彼女がいきなり怒り始めて、喧嘩になったことがある」という経験をしたことがある人もいるでしょう。
怒り始めたときに限らず、女性の感情の変化を察したときには、一緒になって感情的になるのではなく、自分自身の「感情の安定」に努めることが大切です。
こちらが落ち着いて対処していれば、相手も次第に冷静さを取り戻していきます。

 

「笑顔」は伝染させてOK♪

「感情の波は少ないほうがいい」と言ったばかりですが、笑顔に限っては多ければ多いほどGOOD!
普段から笑顔を心がけるのはもちろんのこと、前向きな考え方や明るい話題を意識すると、より落ち着ける雰囲気が出ます。

 

聞き上手になろう!

一般的に、男性よりも女性のほうがお喋りが好きと言われています。
でもだからといって、うんともすんとも言わない壁に向かって話はしません。
話を聞いてくれる相手がいてこそ成り立つので、聞き上手な人と一緒にいると「話を聞いてもらえてスッキリした」となり、気持ちが落ち着きます。

≪聞き上手になるポイント≫

■表情は豊かに
楽しい話題のときは笑顔で、真剣な話題のときは真剣な顔で…という風に、トークに合った表情で話を聞くことが大切です。
そうすることで女性は「ちゃんと話を聞いてくれている」と安心しますし、自信を持って話を続けられます。

■リアクションは大きめに
何も反応しないのは悪いからといって、「うん」しか言わないのも考えものです。
「へー!」「さすが!」「すごい!」「そうなんだ!」「知らなかった!」などのフレーズを駆使して、大きめのリアクションを返すと効果的です。

■とにかく「共感すること」
相談に乗っているときに、女性のためを思って正論をズバズバ言う人もいますが、女性が求めているのは正論ではなく「共感」です。
正論を言うのが必ずしも間違っているわけではありませんが、まずは「あなたの気持ち、わかるよ」と共感を示すことが大切です。

■集中して話を聞こう!
女性が話始めたら、とにかく集中すること!
話の最中にスマホを触ったり、話を遮ったりしてはいけません。
最後まで彼女の目を見て、トークに集中しましょう。

■質問をして話を広げる
時には質問を織り交ぜることで、会話が広がり、「私の話に興味を持ってくれている」と満足感がアップします。

 

話し方は「ゆっくり」を意識

楽しくなったり、熱くなったりすると、つい早口になることがありますが、喋るスピードが速いと相手が疲れてしまいます。
落ち着きのあるゆったりとした速度を意識してみてはいかがでしょうか。

 

無理をしないことも大切!

好きな女性に喜んでもらいたいからといって、デートのたびに張り切りすぎていませんか?
高級ディナーばかり、ロマンチックなデートコースばかり、勝負服ばかり…となると、女性によっては常に緊張しっぱなしで、落ち着く暇がありません。
「気軽に入れるようなカフェや居酒屋のほうがお互いに落ち着く」「たまには割り勘のほうが気を遣わなくていい」という場合もあるので、身の丈に合った行動を心がけてみてはいかがでしょうか。

この記事につけられたタグ

  • テクニック
  • コミュニケーション
  • モテ
  • 心理
  • 恋愛
  • 恋愛テクニック

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ