YAZIUP CLUB会員募集中

モテるオヤジの会話術!知っておきたい4つのポイントを解説

  • 2018/12/05
  • モテ
  • 45view
  • 松村 昴
タグ
  • テクニック
  • コミュニケーション
  • モテ
  • 恋愛
  • 恋愛テクニック

モテるオヤジは会話が違う

モテるオヤジとモテないオヤジには、様々な違いがあります。その中でも、大きく違うのが会話です。モテるオヤジは、女性との会話で盛り上げることが多く、逆にモテないオヤジは会話が盛り上がらないことが多いです。

理想としては、何も意識しないで会話を盛り上げるのがベストです。しかし、意識しないとなかなか上手くいきません。そこで今回は、モテるオヤジの会話術について、知っておきたいポイントを紹介していきます。

モテるオヤジは会話が違う

 

モテるオヤジの会話術のポイント!

<会話の主役は相手女性にする>
モテるオヤジは、会話の主役を相手女性にしてしまいます。理由は単純で、女性は「自分の話をするのが好き」という傾向があるからです。そこで、相手女性を会話の主役にすることで、スムーズな会話をすることができます。

モテないオヤジは、自分の話ばかりしてしまうケースが多いです。相手に「自分のことを知ってもらいたい」という気持ちはわかりますが、会話の主役は相手女性にするのがポイントです。基本的に聞き役になりましょう。

<共感していることを示す>
ただ単に聞き役になればいいわけではありません。モテるオヤジは、聞き役にプラスして、話に共感するのが上手です。女性は、話をするのが好きなだけでなく、「共感を求める」傾向があります。そこでポイントになるのが共感なのです。

いい加減な相槌や話の否定をした場合、相手女性は一気に冷めてしまう可能性があります。そのため、「確かに○○だよな」など、共感していることがわかる返しをするべきです。

また、「共感」+「自分の意見」で返すのもありです。相手の意見を認めた上で、自分の意見を言うことにより、自分の意見を言える男性をアピールできます。しかも、相手の意見を認めることで女性も満足するため、ただ単に共感するよりも効果的です。

モテるオヤジの会話術のポイント!
<目を見て会話>
簡単そうで意外と難しいのが目を見て会話することです。相手の目を見て会話するのは、とてもシンプルなことですが、いざやろうとするとテレてしまいます。しかし、モテるオヤジは、堂々と目を見て会話することができます。

実は、目を見て話すということは、「相手に完全に心を開いています」というメッセージになります。しかも、目を見て会話する男性は、女性から自信があるように見られるのです。そのため、目を見て会話するのがポイントとなっています。

<相手の情報を引き出す>
モテるオヤジの会話術としては、相手の情報を引き出すという意味もあります。会話を盛り上げることで、女性に好印象を与えることは大切です。しかし、それとは別に会話で相手女性の情報を引き出すことで、モテに使うことができます。

例えば、会話から相手の趣味や誕生日などを知ることができれば、同じ趣味をやってみたり、誕生日にプレゼントをしたりすることができます。相手女性の情報を知ることが、アプローチへ繋がっていくのです。

そのため、会話自体も大切なのですが、会話から得る情報もポイントとなっています。得たい情報を考えて、会話をするのもモテるオヤジの会話術なのです。

相手の情報を引き出す

 

モテる会話術を駆使して盛り上げよう

モテるオヤジは、会話での駆け引きが上手です。女性を会話の主役にしながら、共感して話を盛り上げていきます。しかも、堂々と目を見て話すことで、自信のある男を演出し、なおかつ次のアプローチにつながる情報収集まで行っているのです。

これらを無意識にできるのがベストです。しかし、無意識に行うのは難しいでしょう。そのため、モテたいオヤジは、今回紹介したポイントを押さえて女性と会話をしてみてください。きっと、今まで以上に話を盛り上げることができ、相手とお近づきになることができるでしょう。

そして、会話から得た情報を使って、次のアプローチをするべきです。ぜひ、今回紹介した会話術のポイントを参考にしてみてください。

この記事につけられたタグ

  • テクニック
  • コミュニケーション
  • モテ
  • 恋愛
  • 恋愛テクニック

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ