YAZIUP CLUB会員募集中

キレたら怖そうな人間だなって思わせるには?

  • 2019/05/25
  • ライフスタイル・娯楽
  • 288view
  • 松村 昴
タグ
  • 教養/知識
  • コミュニケーション
  • 人間
  • 性格
  • 教養
  • 知識

キレたら怖そうな人間になりたい!

キレたら怖そうな人間になりたい!
周囲の人からどう思われるのかで、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。オヤジの中には、「キレたら怖そうな人間だな」と思わせたい方もいるはずです。こう思わせることができれば、後輩など周囲の人から舐められることはありません。

しかし、どうすれば「キレたら怖そうな人間だな」と思わせられるのかわからない方も多いことでしょう。実は普段の態度から、周囲の人に「キレたら怖そうな」と思わせることができます。そこで今回は、「キレたら怖そうな人間」だと思わせるためには、どんな態度でいるべきなのかを紹介していきます。

 

普段は温厚でいるべき!

周囲の人から「キレたら怖そう」と思われる方は、普段は温厚な場合が多いです。温厚で穏やかな口調で優しい人ほど、キレた際のギャップがあります。そのため、「本当は怖いのでは?」と思われやすいです。

逆に、普段から怒りっぽかったり、ぶっきらぼうな態度だったりすると怒った際のイメージができます。イメージできればギャップも少なく、「キレたら怖そう」とは思われないのです。

それだけ、ギャップが重要となっています。ちなみに、温厚なだけでなく、常に笑顔の方の方が「キレたら怖そう」と思われます。これは、よりギャップが大きくなるからです。普段は温厚な態度で生活し、常に笑顔を心がけておくべきでしょう。

 

ちょっとしたことで怒ってはダメ!

すぐに怒ってしまう方は、「キレたら怖そう」とは思われません。先ほどギャップの重要性を紹介しましたが、ちょっとしたことで怒っているとキレた際のギャップが小さいです。そのため、ちょっとした失敗・ミスに対して怒ってはいけません。

これは、注意してはいけないという意味ではありません。怒ってはダメですが、注意するのは問題ありません。優しく諭すように注意すれば、キレた時とのギャップを維持することができます。怒るのではなく、優しく注意するようにしましょう。

 

理論派でいることもポイント

普段から理論派でいることも、周囲から「キレたら怖そう」だと思わせるには有効です。物事を理論的に考えている方は、キレた時でも理論的に怒ってくることが想像できます。感情的にキレられるよりも、理詰めでキレれた方が「怖い」と感じる方が多いでしょう。

また、普段は理論的で冷静な方が、感情的になった場合はギャップが大きいです。つまり、理論派の人が感情的にキレるのも相当怖く感じます。やはり、理論的でいる方が「キレたら怖そう」と周りから思われるのです。

 

実際にキレる際には要注意!

周りから「キレたら怖そうな人間だな」と思わせるのはいいですが、実際にキレるのは危険があるので注意してください。本当にキレてしまえば、キレたらどうなるのか想像がついてしまいます。イメージができれば、「キレたら怖そう」という印象がなくなってしまうかもしれません。

また、キレ方次第では人間関係が悪くなってしまうケースもあります。良好な人間関係を築くためにも、本当にキレるのはおすすめできません。キレてしまっても、その後のフォローはしっかりとするようにしましょう。それがデキるオヤジです。

 

「キレたら怖そう」だと思わせよう!

今回は、「キレたら怖そうな人間だな」と思わせるための普段の態度を紹介してきました。周囲の日に「キレたら怖そう」と思わせるためには、ギャップがポイントになります。キレた様子が想像つかなかったり、普段とギャップがあったりするほど「怖い」と感じるものです。

そのため、基本的には普段は温厚で笑顔でいることで、「キレたら怖そう」と思ってもらえます。また、論理的でいるのも、ギャップにつながるので有効的です。周りの人から舐められたくない方は、「キレたら怖そう」と思われるような言動を心がけてみてください。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ