一般的になってきた「電子たばこ」って今何メーカーあるか?

  • 2018/11/20
  • ライフスタイル・娯楽
  • 133view
  • 松村 昴
タグ
  • 教養/知識
  • メーカー
  • ライフスタイル
  • 趣味
  • 電子たばこ

「電子たばこ」が一般的に!

日本でも「電子たばこ」が一般的になってきています。現代進行形で喫煙しているオヤジの中にも、電子たばこに興味を持っており、たばこから電子たばこに移行しようと考えているオヤジもいるのではないでしょうか。

しかし、電子たばこと言っても、様々な種類があり、たくさんのメーカーがあります。そこで今回は、電子たばこの種類やメーカーをメインに紹介していきます。

「電子たばこ」が一般的に!

 

「電子たばこ」とは何?

電子たばことは、電気の力を使ってリキッドの蒸気を発生させ、霧状にして吸うたばこのことです。通常のたばこに比べ、悪臭や副流煙が少ないことから、注目されています。

電子たばこと聞くと、アイコス(IQOS)やプルームをイメージするオヤジが多いと思います。しかし、厳密に言えば、アイコスやプルームは、電子たばこではありません。アイコスなどは、「加熱式たばこ」に分類されるのです。

電子たばこと加熱式たばこの違いは、たばこ葉を使用しているのかです。電子たばこは電力でリキッドを加熱しており、たばこ葉を加熱していません。その一方で、加熱式たばこは、電力でたばこ葉を加熱しています。そのため、電子たばこはニコチンやタールが含まれていないのです。

 

「電子たばこ」の種類とは?

電子たばこには、大きく分けて3つの種類があります。その種類は、電子たばこの構造による違いです。そこでここでは、電子たばこの種類を紹介していきます。

<リキッド式電子たばこ>
リキッド式電子たばこは、リキッドを補充しながら使う電子たばこです。リキッド式電子たばこを使用するためには、電子たばこ本体とリキッドが必要となります。電子たばこ本体は、ずっと使用できるため、ランニングコストが安いのが特徴です。

また、リキッドは互換性があるため、様々なメーカーの商品から選択できます。リキッドの種類も豊富なため、お好きな味を選ぶことができます。

「電子たばこ」の種類とは?

<カートリッジ式電子たばこ>
カートリッジ式電子たばこは、カートリッジを取り替えてリキッドを交換するタイプの電子たばこです。リキッドの補充をする必要がありません。ただし、専用のカートリッジしか使うことができないため、リキッドの種類が少ないです。

<使い捨て式電子たばこ>
使い捨て式電子たばこは、リキッドを使い切ったら本体ごと交換するタイプの電子たばこです。メンテナンスが一切不要なのが特徴です。しかし、リキッドの種類が少なく、しかもランニングコストが割高になってしまいます。

電子たばこは、どんなものなのか試してみたいオヤジにおすすめです。試してみて電子たばこを気に入ったら、リキッド式やカートリッジ式にして、ランニングコストを意識するようにするのがいいでしょう。

 

「電子たばこ」のメーカーとは?

電子たばこのメーカーは、とても多いです。有名なメーカーから無名なメーカーまで、様々となっています。さらに、加熱式タバコのアイコスやプルームなども有名です。そのため、色々なメーカーから、自分好みの電子たばこを見つける必要があります。

とは言え、それも楽しみの1つと捉えることもできます。様々なメーカーの電子たばこを試してみて、お気に入りの電子たばこを見つけてみてください。

「電子たばこ」のメーカーとは?

 

「電子たばこ」に挑戦してみよう!

最近では、電子たばこが一般的になっています。電子たばこには、「リキッド式電子たばこ」「カートリッジ式電子たばこ」「使い捨て式電子たばこ」があります。さらに、アイコスやプルームなどの加熱式タバコもあるのです。

メーカーの数も多くあり、選ぶのも一苦労でしょう。しかし、自分のお気に入りの電子たばこを見つけるのも楽しいものです。ぜひ、喫煙中のオヤジも電子たばこに挑戦してみてください。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ