YAZIUP CLUB会員募集中

デキる大人の男の必需品は「魅せられるペン」その理由と選び方!

  • 2018/02/09
  • ライフスタイル・娯楽
  • 262view
  • ファッションマジシャン◆ yutaka
タグ

ファッションの専門家として、服をメインにした内容の記事を書くことが多い私ですが、ステーショナリーも大好きでして。欲しいものがあるとすぐ手に入れたくなりますし、買わない時でもネットでペンの画像を長い間、眺めていたりします。

そういえば最近も、気になったボールペンを見つけて、気づいたらもう手元にありました。

・・・こういう買い方はオススメできませんので、皆さんは真似しないように。

そんなステーショナリー好きの私ですが、コレクションするのが好きなわけではありません。手に入れたからには飾っているだけとか、しまい込んだりせずに、ちゃんと使っていますよ。なんてったって、使うのが好きなのですから。

 

今回はそんなペンの魅力を、やはりファッションの専門家として、ファッション的な視点でお届けしましょう。

ちなみに、ペンブランドのオススメはもう既に以前書いたものがありますので、そちらをご参考にしていただければ幸いです。

オヤジを格上げする! ペンブランド特集

 

大人なら、ノベルティや安いペンは避けたい

大人なら、ノベルティや安いペンは避けたい

大人の持ち物として、ペンってかなり「その人となり」が透けて見えてしまいます。だって、ペンを見せる時ってつまり字を書く時ですよね。ペンを持つ姿勢、ペンの持ち方、字の美しさ、文章の内容など、もうかなりの情報がライブで相手に伝わってしまうわけです。でね、それ以前の問題として「どんなペンを使っているか?」というのは、結構大事なんですよ。第一線で活躍するオヤジ諸氏にとっては尚更です。

「だって、いつも無くしちゃうから良いものは持たないことにしてるんだよ」なんてセリフを堂々と言い放ってしまうオヤジも中にはいますが、これは「自分はダメな大人です」というマイナスのアピールでしかありませんから、実際にそうであっても、わざわざ言うのはやめておきましょうね。

とにかく、まずは良いペンを1本持ちましょう。これはもちろん「誰かが良いと言っていた」とか、他人の評価で決めてはいけませんよ。自分の目で確かめて、自分が気に入ったペンを手に入れることをお勧めします。「安いのがダメって言うなら、いくらくらいのペンにすれば良いの?」と迷っているなら、目安をお伝えしましょう。大体、5,000円〜のものを選んでみて下さい。「え、そんなに高いの?」と思ったあなた。それくらいのものを大事に使う方が、良いですよ。逆に「そんな程度で良いの?」と余裕のあるあなたは、それなりに良いものを持っていらっしゃる様ですね。良いですよ!

ちなみに、私は闇雲に高いペンを勧めている訳ではありません。良いプロダクトとして選んだのが結果的に100円のボールペン、というならそれもありですよね。100円のボールペンを開発するまでのストーリーに惹かれたとか、そういう部分に価値を見出すのもまた良いと思いますから。

 

ちゃんと使うのが大事

ちゃんと使うのが大事

自分にとって「価値の高いもの」を買うと大事にしまい込む様な人がいますが、今回それはNG。だってペンって道具ですから使ってナンボ、です。手に入れるペンは万年筆でも良いのですが、自分が使う環境に合わないのなら、無理に使おうとしてストレスフルになるのは本末転倒なので、とにかく「使いやすい」というポイントをまずは念頭に置きながら、ペン選びをして、使っていくのが第一歩です。

大事に使い続けるって、そう決めるだけで使い方も変わってくるものです。大事に置く様になるし、置く場所だって決めておかないと無くすことになりますから。それに、傷つける様な乱暴な使い方はしなくなります。さらに、正しい姿勢で綺麗な字を書こう!という気まで起きてきます。

 

持っていて幸せを感じるペンを選ぼう

持っていて幸せを感じるペンを選ぼう

さて、お気に入りのペンを持つ訳ですから「持っていると幸せになる」そんなペンを持って欲しいと思います。ここ、大事ですよ。人に見せびらかすためだけでは良くありません。また、単なる道具としてだけでも、面白くありません。

手にとって眺めているだけで幸せな気持ちになる様な、そういうペンをぜひ探し出してみて下さい。ペンはまさに、手にとって、目の前で使うツールですから。このペンが自分にとって幸せを感じるくらい良いものなら、きっと毎日を豊かな気持ちにさせてくれるでしょう。

 

魅せるのはそのペンを使っているあなた自身

魅せるのはそのペンを使っているあなた自身

まずはあなたが魅せられたペンを持つ。そして、幸せと豊かさを感じながらペンを使う。その姿から人を惹きつける魅力を醸し出したいですよね。

ペンだけが際立って「すごく良さそう」なんて、面白くないですもんね。

 

そういうペンを手に入れたら、仕事をしている時はもちろんなのですが、ぜひプライベートでも使って欲しいと思います。休日のカフェで遠い友人にハガキを書く、なんて姿がそのまま絵ハガキになりそうなくらい雰囲気良くプライベートのペンも楽しめたら、とても格好良いと思いませんか?

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

ファッションマジシャン◆ yutaka
ファッションマジシャン◆ yutaka
ファッションの専門学校〜アパレル業界での経験を活かし オシャレに自信がない男性から 豊かな人生を自在に楽しむスマートミドルへ大変身するための マジックの様なファッション=ファッションマジックをお届けします。
up ファッションマジシャン◆ yutaka
ファッションマジシャン◆ yutaka

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ