YAZIUP CLUB会員募集中

PCの使い勝手が悪いと感じたら~お勧めBTOノートパソコン

  • 2019/04/28
  • ライフスタイル・娯楽
  • 78view
  • Rc.オガ
タグ
  • 趣味
  • インターネット
  • おすすめ
  • パソコン
  • 買い物
  • 趣味

元号が、平成から令和にかわるそんな歴史的瞬間に突如あらわれた大型連休。
いったい何をやろうか思案しているあなた。WIN7からWIN10搭載のパソコンに買い替えなくてはいけないと思っているあなたには、じっくりパソコン選びができますね。
今回は、BTOパソコンメーカーからお勧めのノートパソコンを紹介しましょう。もっとも使い勝手の良い15インチスタンダードタイプを今回も紹介します。

 

パソコン工房~格安BTOスタンダードノートパソコン STYLE-15FH039-C-UCEX

パソコン工房~格安BTOスタンダードノートパソコン STYLE-15FH039-C-UCEX
OSは、Windows 10 Home 64ビット搭載。CPUは、安価なCeleron G4900です。
それほど重くないネット検索や書類作成なら問題なく使えます。Microsoft Officeが、必要なら最新版のMicrosoft Office Personal 2019 (エクセル・ワードのみ)が、1万5980円。パワーポイントも付いた Office なら1万9980円と格安で同時購入できます。
後で、Microsoft Officeが必要となって別に購入するととても高いので購入時に必要かどうかよく考えてから決めましょう。会社の書類を作ったり、エクセルやワードでデータのやり取りがないのならMicrosoft Office も必要ありません。
無料のフリーソフトで十間に合でしょう。

メモリーの基本は、4GB搭載。プラス5980円で8GBに増設出来ます。

ストレイジは、240GBのSSD搭載が基本で、480GBSSDには2980円で増量出来ます。これはかなり格安です。HDDは搭載も可能で500GBのHDDで6480円、1TBのHDDで7980円、2TBのHDDで1万1980円と価格的には500GBの倍の値段で2TB増量搭載できるはスゴイ!コストパフォーマンスではないでしょうか。

光学ドライブは、残念ながらありません。光学ドライブは、DVDやCDを読み書きする装置のこと。頻繁にデータのDVDやCDもやり取りしている方なら必要な装置ですが、それ以外の方はそれほど使わないのでは、、。まぁ、DVDがおまけで付いてくる雑誌が好きな方にはないと不便かもしれませんね。それほど使わないのであれば、外付けDVDドライブで十分です。
ちょっと前までは、プリンターのドライバーやOfficeそして多くのソフトがCDなどでインストールしていました。しかし、今ではかなり減ってしまいインターネットでダウンロードするほうが多くなっています。
外付けDVDでも、格安なら2000円からあり約3000円くらいの予算でもかなりのモデルが選べます。

基本構成のみの価格は、5万8980円に消費税送料が加わり6万5858円。
5月6日までならジャックスローンなら48回まで金利 0%なので、ローンを利用する方にはお得になっています。よく期間限定で、キャンペーンをやっています。

500GBのSSD、メモリー8GB、Microsoft Office Personal 2019 (エクセル・ワードのみ)追加したときの値段は9万2793円(消費税、送料込み)です。同じような価格で、NECなら1TBのHDDか、256GBのSSDしか選べません。

 

ドスパラ~Critea DX-KS RH3

こちらも、同じスタンダード15インチのノートパソコンを紹介します。高速で読み込み書き込み可能なSSD搭載モデルです。OSは、Windows 10 Home 64ビット搭載。CPUは、Core i3。Core i3は、Celeronの倍の速さを発揮します。先に紹介したパソコン工房よりも高性能です。メモリーは標準で8GB。ストレイジは、500GBのSSD。圧倒的なパフォーマンスでパソコン工房のモデルよりも高性能ですが、価格は6万7980円と値段も1万円近くアップしています。
でも、CPUも一つ上でSSDの容量も倍ほどあって8GBのメモリーはそのままでもOKなのでお得感はスゴクありますね。

最新版のMicrosoft Office Personal 2019(ワード・エクセル・アウトルック)の価格が、2万円。2016年版なら1万9000円です。Officeは最新版のほうがサポート期間が長いのでお勧めです。
バージョンの2016と2019の機能的な差はよほどマニアックな使い方をする人でないとどこが違うのか?分からないレベルなので、お好みで選べばOKです。

500GBのSSDのほかに増設SSDも搭載可能になっていて、250GBのSSDは7000円で500GBのSSDなら9700円1TBのSSDなら1万9700円になっています。SSD+SSDのツインストレージは今までになかったものです。
500GBまでのSSDなら値段もこなれてきたのでこれから増えるのでしょうね。

光学ドライブは、ありません。

カスタマイズを、Microsoft Office Personal 2019(ワード・エクセル・アウトルック)と500GBSSD増設
した価格は、9万7680円。こちらもジャックスローンなら48回まで金利 0%キャンペーンをやっています。

約10万円で、500GBのSSDをダブルで搭載するモデルは国産モデルにはありません。まさに、BTOノートパソコンのなせる技ですね。

この記事の作者

Rc.オガ
Rc.オガ
オギャと生まれたときからミニカーを握りしめていたくらいの車好き。旧車から新車、軽自動車からVIPカーそしてダンプカーやバスまでと守備範囲はとても広いです。WRCやF-1・インディ―カ―そしてエア・レースとレース観戦が大好き。長年に渡って培ってきた、車のウンチクを後世に伝承させるためWEBライターとして、車の楽しさを日夜伝道しています。
up Rc.オガ
Rc.オガ

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ