YAZIUP CLUB会員募集中

ドライブで流したい♪爽快な70sハードロック4曲

  • 2018/08/16
  • ライフスタイル・娯楽
  • 57view
  • YAZIUP運営
タグ

懐かしいロックサウンドと爽快感が心地いい!

今回は懐かしい70年代ハードロックのなかでも、ドライブのおともにぴったりの爽快なナンバーをご紹介!
70年代に思春期を迎えたオヤジは、曲とともに甘酸っぱい青春の記憶がよみがえるかもしれません。
ノリすぎて事故を起こさぬよう、くれぐれもご注意ください!

 

これぞ鉄板!ディープ・パープル「ハイウェイ・スター」

これぞ鉄板!ディープ・パープル「ハイウェイ・スター」

イギリスを代表するロックバンド、ディープ・パープル。
ハイウェイ・スターは、1972年リリースのアルバム「マシン・ヘッド」に収録されています。
同バンドのライブでは、オープニングやアンコールに採用されることも多く、自他ともに認める代表曲です。

そして同曲は、クラシックとロックの融合を試みた楽曲でもあります。
中盤には、J.S.バッハのコード進行が用いられていて、後に発表される「紫の炎(Burn)」もバッハのコード進行が採用されています。

■Deep Purple’s Highway Star Live in Sydney 1984

イントロ(最初の約1分19秒)は暗闇ですが、歌い出しとともにパッと明るくなり、圧巻のステージをご覧いただけます。
センスが光るギターソロも必見・必聴!

 

色あせない名曲!AC/DC「地獄のハイウェイ」

色あせない名曲!AC/DC「地獄のハイウェイ」

オーストラリア出身のロックバンドAC/DC(エーシー・ディーシー)のメジャー6作目にあたるアルバム「地獄のハイウェイ(Highway to Hell)」の表題ともなった曲です。
アメリカのビールボードチャートで最高位17位となるなど、世界中で売り上げを伸ばしましたが、メジャーデビュー後の初代ボーカリストであるボン・スコットが発売の翌年に急死し、遺作となりました。

バリバリのロックナンバーなのに、何度聞いても胃もたれしない爽快感は、まさにドライブ向き!
同アルバムも名盤中の名盤なので、併せてチェックしてみてください。

■AC/DC – Highway to Hell (Official Video)

「いい時代だなぁ…」と思わずため息が漏れるカッコよさ!
アンガス・ヤングのトレードマークであるスクールボーイファッションは、60歳を超えた今も継続中とのこと。

 

ハードロックの王者・キッスの「デトロイト・ロック・シティ」

ハードロックの王者・キッスの「デトロイト・ロック・シティ」

当時のキッスではめずらしい、アップテンポなシャッフルビート!
1976年3月にリリースした4枚目のアルバム「地獄の軍団(Destroyer)」の1曲目に収録されています。
同年7月には、アルバムプロモーション用にシングルカットされました。

ライブではオープニングに採用されることも多く、ファンならずとも1度は聴いたことがあるであろう同曲ですが、当時はシングルとしての売上はいまいちだったのだそう。

■Kiss – Detroit Rock City (Live On Letterman/2012)

なにもかもが圧倒的!
割と短いスパンで来日公演があるので、興味が沸いたオヤジは足を運んでみてはいかがでしょうか。
同バンド最大規模となるツアーが2019年1月に始まる予定とのことです!

 

TV番組でもお馴染み!エアロスミスの「ウォーク・ディス・ウェイ」

TV番組でもお馴染み!エアロスミスの「ウォーク・ディス・ウェイ」

日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」のエンディングテーマとしてもお馴染みの1曲。
1975年8月にリリースされた、エアロスミスのシングルです。
ローリングストーンズ誌が2011年に発表した「オールタイム・グレイテスト・ソング500」では、365位に選出されました。

■Aerosmith – Walk This Way (from You Gotta Move)

そして、発売から約10年後の1986年には、ヒップホップグループ「Run-D.M.C.(ラン・ディーエムシー)」にカバーされ、全米チャート4位を記録。
レコーディングにはスティーブン・タイラーとジョー・ペリーも参加し、ミュージックビデオの出演も果たしています。
オールタイム・グレイテスト・ソング500では、293位に選出されました。

■RUN-DMC – Walk This Way (Video)

「エモイ!」の一言につきる!
今でこそめずらしくないロックとラップの融合ですが、当時としては初めての試みとも言われています。
ラン・ディーエムシーは、2009年にロックの殿堂入りを果たし、その際にプレゼンターを務めたエミネムは黒のレザージャケットと黒の中折れ帽のファッションで現れ、同グループに敬意を払いました。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ