YAZIUP CLUB会員募集中

モテるおやじのスーツ着こなし術

  • 2018/03/29
  • ファッション
  • 197view
  • YAZIUP運営
タグ

モテるおやじのスーツ着こなし術

日本のおやじはスーツで冒険しにくいと考えがちでしょうか。外に出ても決まりきったビジネススーツが目立つ中、ちょっとアクセントの効いたスーツをピリッと着こなすことができれば、オフィスでも好感を持たれ、垢抜け度は100%となりそうですよ。
でもどうやって!?というおしゃれ初心者のおやじに、ここではわかりやすくレクチャーしていきたいと思います。

 

サイズ感が命

アイビールックの時代を生きた年配おやじは大きすぎるだぼっとしたサイズを選びがちなので、ダサいと思われがちです。
今の時代は大きすぎず、ピッタリ過ぎないサイズが理想です。ジャケットは肩山と肩のトップが合う形を選ぶようにしましょう。どれだけ高価なスーツでも、サイズが合っていないと台無しになってしまうので、くれぐれもサイズには注意して選びたいものです。

 

ジャケパンスタイルの掟

ジャケパンスタイルの掟
仕事の時はスーツに身を包んでいても、休日くらいはカラフルな色合いの服装を楽しんでよいのでないでしょうか。
ジャケパンはカジュアルテイストを重視して肩の力の抜けたスタイルにも、ピリッと引き締まった感じにもトライできるので、ひとつワードローブにあってもよいと思いますよ。

・色のコントラストはつけた方が〇
ジャケパンスタイルは慣れないから「とりあえず地味目の色のジャケットとパンツを合わせておこう」と適当にチョイスしても、あまり映えないばかりか「それならスーツの方がまし」ともなりかねません。せっかくスーツでないジャケットとパンツの組み合わせに挑戦するのなら、色のコントラストはつけた方がベストです。
ジャケパン初心者の場合は、ダークブラウンとベージュなどのように、ますは同系色で濃淡の色の違いがある組み合わせから挑戦するとよいでしょう。
慣れてくるとパッと目を引く色鮮やかなジャケットと黒や茶などの抑え目の色のパンツもよいですね。「お笑い芸人か!?」と突っ込まれないためにも、柄物や派手色は一か所だけ使う方がほどよい大人の落ち着いた雰囲気を作れるでしょう。

 

おしゃれ中級者はポケットチーフに挑戦

おしゃれ中級者はポケットチーフに挑戦
男性のスーツ姿にチラリと見えるポケットチーフは小さな面積ですが、男性ならではのおしゃれの表現で、女性からすると憧れでもあります。小さな面積ですが、 目線が生きやすい胸元の位置なので、きちんと主張がされ、こだわりや知性が表現できるように感じます。
ビジネススーツだからと必要最小限に絞ってしまわずに、たまには週末だけでも、ポケットチーフのおしゃれも楽しんでよいのでないでしょうか。しかし日本人はポケットチーフに差し込むのは冠婚葬祭などの特別な時だけ、と認識している人も多いようです。
仕事柄同僚や周囲の人が、誰も胸ポケットにチーフを差し込んでいなかったら、挑戦しにくいかもしれませんが、そんな時でも安心してトライできるのが、白色のチーフです。ポケットチーフには光沢のあるシルクと布っぽさのあるリネンがありますが、ビジネスシーンではリネンの方がおすすめです。
リネンをハンカチのように四角くスクエア型に折り、ポケットから少し出すと完成です。これなら清潔感があり浮いた目で見られず、デイリーなポケットチーフを楽しめるでしょう。

 

ネクタイ、シャツにもこだわりを

スーツさえ仕立てのよいものを選んでいたら、シャツやネクタイは安物でもOKか?と問われたらそんなことはありません。安価でよいものもあるでしょうが。できるならそれぞれ1万円以上のものを選んでおいた方が間違いがないでしょう。消耗品だから、と安物で済ますこともできますが「男の格を決めるもの」という意識を持って、外見で判断される社会であることを考えると、それくらいかけておいても無駄にはならないのでないでしょうか。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ