YAZIUP CLUB会員募集中

急落カルビー株の仕込みどころを探る

  • 2017/08/16
  • ビジネス
  • 368view
  • のりき 夢丸
タグ
  • マネー
  • 投資
  • 日本
  • 社会
  • 経済
  • 資産管理

散々だった四半期決算を受けて

カルビー(2229)の株価が急落している

カルビー(2229)の株価が急落している。
チャート上では株価は昨年の安値から出直ってそこから3割以上の上昇を見せていたが、足元でダブルトップをつけて一服、さらに低調だった四半期決算を折り込んで、発表当日は10パーセントを超える急落となった。
ヒット商品であるフルグラの普及だけでなく、志望動機を聞かない採用スタイルなどおもしろい社風で知られ、機会さえあれば買ってみたい株の一つではある。
が、まずは最近の業績をしっかりと分析しなければなるまい。

 

国内に関しては「突発性要因」

今年国内食品業界で一番の話題といえば「ポテチが消えた」こと

今年国内食品業界で一番の話題といえば「ポテチが消えた」一件だったろう。
材料を吟味して使用するあまり、天災には勝てず材料難となり、一時的な生産ストップ→残りのポテチ争奪戦となったのは記憶に新しい。オークションサイトも相当騒がしかったし。
しかしこれに関しては、事態が事態だけに「今年限りの特殊要因」と見てよさそう。
もっとも天災は忘れた頃にやってくるものであるが。

 

むしろ海外要因に心配が

海外での売り上げ状況が心配

決算音声を聞いて「こっちのほうが心配」と感じたのは、海外での売り上げ状況だ。

現在主な市場は北米と韓国なのだが、どちらも好調とは言いがたい。
とくに北米では「大口の需要に応えられなかった」という、一番まずいビジネスチャンスの損失というやつで大幅な減収、韓国は「慢性的な赤字体質」が続いているらしい。

今後会社が期待しているのは、インドネシアや香港といった他のアジア地域で、これはまだ販売が始まったばかり。これから収穫期になるようだ。

海外市場で最初苦労するのはどこも同じ。
良い製品なのだから、あとは売り方、チャンスの生かし方かと思うが、そこはカルビーのこと。このまま手をこまねいてはいまい。

 

さて株価の見通しは…

株主にいい夢ばかり見せてくれた「テンバガー食品株」にも大きな曲がり角が訪れている

上場以来、株主にいい夢ばかり見せてくれた「テンバガー食品株」にも大きな曲がり角が訪れている。
もっとも売られたとはいえPERは現状でまだ28倍。プレミアがつきやすい優良株だが、決して割安ではない。
さらに日本市場は四半期決算が好調だった企業が続出中。
カルビーの魅力そのものが薄れつつある中、買い場探しにはもうひと工夫必要だ。

週足チャートでみると、直近の急落を受けて過熱感はなく、また一目均衡表の雲の上限が4000円で横ばっているので、当面はここらあたりが落ち着きどころ。
雲の下限が3700円(日足のV計算値もちょうどその辺)あたりなので、そこは1回買う手がありそう。

急落の後は「下値で揉む」というのがセオリー。
したがって「年内の急回復」はないけれど、2016年下値とのダブルボトムが確認されれば、買って長期投資にはうってつけの銘柄と思うが、果たして…。

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。 競馬血統ブログ「ほぼ毎週競馬ナビ」にて執筆中。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ