YAZIUP CLUB会員募集中

簡単オススメ筋トレテクニック!ちょっとのコツで効果アップ

  • 2018/05/06
  • ボディメイク
  • 226view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 筋トレ
  • ジム
  • トレーニング
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 肉体改造

同じ種目でも効果は抜群!

同じ種目でも効果は抜群
全く同じ種目でもトレーニーによってその方法は様々。細かなテクニックを駆使することによって最短距離で最大の成果を得ている人も多いのです。

その一方でいつまで経っても体が成長せず、ハムスターのように同じ場所をコロコロと回転し続けている人も大勢います。

両者の違いはいろいろとありますが、種目名や種目数、扱う重量にだけこだわって大切な「いかに効かすか」という部分をないがしろにしている人は、どうやらほぼ全員成長が遅いようです。

筋トレの目的は「重りを動かすこと」ではなく「筋肉を成長させること」です。重りが動くのはあくまでも筋肉を刺激する上での一つの「現象」に過ぎません。

今回は、筋肉にしっかりと「効かせる」ためのいくつかのテクニックをご紹介していきます。高重量を扱うことばかり考えている人は、あらためてこの記事の内容を吟味してみてください。怪我のリスクを最小限に抑え、効率よく筋肉を発達させるためのヒントが見つかるはずですよ。

 

ネガティブレップを重要視!

ネガティブレップを重要視
筋トレの上手い人というのはネガティブレップ、つまり筋肉を伸展させる動作をとても丁寧、ゆっくりと行います。筋肉を伸展させる糖鎖というのは例えばダンベルカールであれば挙げたダンベルを降ろす動きであり、ベンチプレスであればバーベルを胸に降ろす動作を指します。

下手な人の筋トレではダンベルを持ち上げる時にだけ力を発揮し、降ろす時にはストンと重力にまかせてしまいがちですが、実は筋肉は、ウエイトを降ろす際に力を入れることによって大幅に成長するのです。

これまで挙げることにばかり気を取られていた人は、是非この機会に「降ろす動作」に気を配ってみてください。ウエイトをゆっくり降ろすと同じ重量でも格段に負荷が高まります。関節や骨にも優しいですし、ネガティブレップを極める事ができればよりスピーディーに筋肉を育てることができるのです。

 

スーパーセットで時短筋トレ

スーパーセットで時短筋トレ
時間がない現役オヤジ世代にオススメしたいのがスーパーセット法です。当サイトでもこれまで何度か紹介してきたテクニックですが、改めてその方法と活用法をご紹介しておきましょう。

スーパーセット法は2種類の拮抗筋をインターバル無しで一種目ずつ鍛えていきます。代表的なのは上腕二頭筋と三頭筋、または大腿四頭筋とハムストリングスでしょう。

筋肉は単独で鍛えるよりも、それと対になった拮抗筋同士を同時に鍛えることでよりその成長速度が速くなると考えられています。

ダンベルカールとケーブルプレスダウン、バーベルカールとナローベンチプレス等は腕を最速で太くする方法と言えます。また、スクワットをがっつり実施した後、レッグエクステンションとレッグカールをスーパーセットで追い込めば短時間で足をしっかり刺激することができます。

スーパーセット法を知っている人は、時間が無いことを言い訳に筋トレを休んだりはしません。どれだけ忙しくてもバッキバキの肉体を手に入れている人は、単に根性があるだけでなく筋トレに関する知識も豊富なのです。

 

マシントレーニングではドロップセットを

マシントレーニングではドロップセットを
ジムに通っている人はマシンを使って筋トレを実施しているのではないでしょうか。マシン筋トレにはウエイト(負荷)を簡単に調整することができるという大きなメリットがありますね。

特にピン式のマシンでは、ものの1秒でウエイトを増やしたり、減らしたりすることができます。これはフリーウエイトではなかなか難しいポイントですよね。

この、ウエイトを簡単に減らすことが出来るという大きなメリットを活かして、ジムでトレーニングしている人には「ドロップセット法」を試して頂きたいと思います。

ドロップセット法というのは1セット毎に負荷を下げつつ、毎回限界回数まで動作する過酷なトレーニング方法です。インターバルはほとんどとらないため短時間で筋肉をオールアウトさせることが可能となります。

ドロップセット法は毎回のトレーニングで行う必要はありませんが、各部位二ヶ月に一度くらいの割合で実施すると良い刺激となるでしょう。また、コンテスト出場者の場合はカーボディプリートする際に、筋グリコーゲンを上手く枯渇させる方法としてこのドロップセット法を活用するケースが多いようです。

この記事につけられたタグ

  • 筋トレ
  • ジム
  • トレーニング
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 肉体改造

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ