YAZIUP CLUB会員募集中

40代オヤジの腹筋バキバキへの道!徹底解説します

  • 2018/03/17
  • ボディメイク
  • 1599view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 筋トレ
  • トレーニング
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 腹筋
  • 食事

腹筋バキバキオヤジってカッコ良くない?

腹筋バキバキオヤジってカッコ良くない?

オヤジの体型と言えば誰もがイメージするのは「ぽこんと飛び出たビール腹」ではないでしょうか。正にオヤジの典型であり、若い女性が最も忌み嫌うスタイルですよね。

逆に腹がバキバキッと6つに割れたシックスパックであれば、それはめちゃくちゃカッコ良いオヤジであると評価されるでしょう。ダンディーなイケオヤジのボディとして理想的だと言えますね。

たるんだ腹からバキバキへはかなり険しい道程だと考えている人も多いかもしれませんが、それは間違い。男性は正しい筋トレと食事管理を数ヶ月続けるだけで想像以上の成果を得ることが可能なのです。

体全体をマッチョに鍛えあげるのは大変でも、腹部だけに特化して頑張るのであれば労力はとても小さく済みます。

一番肝心な部分だけ鍛え、投資効率を最大化しつつボディメイクを進めてみてはいかがでしょうか。今回は「とにかくカッコ良く腹を割りたい」というオヤジのために、その方法を解説していきます。

 

腹筋を割るための2つのアプローチ

腹筋を割るための2つのアプローチ

腹筋を割るためには腹筋運動が必要…なのは言うまでもありませんが、それだけでは目標達成まで時間が掛かりすぎてしまいます。

腹筋は本来誰でも割れているもの、それが全く見えないのは腹筋の上に厚い皮下脂肪が乗っかっているからなんですね。

ですから、腹筋を鍛える筋トレを実施しつつ体脂肪を落とすためのダイエットをしなくてはいけません。基本的に人間の体は、部分やせはできませませんから全身の体脂肪を落としつつ、腹筋を厚くするための筋トレを実施するのが正解というわけです。

 

ダイエットは食事管理がメイン!

ダイエットは食事管理がメイン

体脂肪を減少させるためのダイエットは食事制限がメインとなります。まず間違いない方法としてはカロリー制限ですね。タンパク質を体重の2倍のグラム数摂取しつつ炭水化物をやや少なめに。そして脂質を大幅にカットしていきます。だいたい目標体重×25~30くらいのカロリー量で毎日を過ごすことが出来ればスムーズに体脂肪は減っていくことでしょう。

食事管理は始めのうちは精神的にも辛いものです。成功するためには理想のボディとなった自分を明確に想像すること。そしてダイエットにあてる期間を限定して、「その間だけは絶対頑張る」と割り切ってしまうことです。

 

腹筋運動は毎日ねちっこく実施すべし

腹筋運動は毎日ねちっこく実施すべし

続いて腹筋運動です。腹筋を鍛えるための種目にはいろいろありますが、間違ってはいけないのは「シットアップはやらない」という点です。

シットアップとは床に仰向けになり膝を曲げ、股関節を支点として腰から上の上半身を全て起こす最もポピュラーな運動です。

このシットアップでは鍛えられるのはほとんど腸腰筋という筋肉でこれは股関節と大腿骨を繋ぐ腹筋とは全く関係のない筋肉です。実際、シットアップでは腹筋に何の効果も示さないことから既に米軍で行われているトレーニング種目からも除外されています。

腹筋を鍛えるための代表的な種目は「クランチ」です。シットアップと似た動きにはなりますが、異なるのはヘソを支点にして背中の半分くらいまでしか上体を起こさないという点です。腹筋を上からぐしゃっと潰すようなイメージで背骨を丸めながら背中の半分だけ起こすのです。

 

最後に…有酸素運動はどうする?

ちなみに、ダイエットのための運動といえば有酸素運動を思い浮かべるかもしれませんが実は有酸素運動は長期間続けると脂肪を減らしにくい体へと体質が変わってしまいます。有酸素運動は体脂肪を直接燃やしにいこうとする運動ですが、これは体の生存本能からすれば一大事です。脂肪は万が一、飢餓状態になったときのためのエネルギータンクですから、体はこの体脂肪を是が非でも守ろうと反応してしまうのです。

ですから、有酸素運動は最小限に留めなければいけません。重要なのは食事管理と筋トレ。これだけでばっちり腹筋は6つに割れてくれるのです。

この記事につけられたタグ

  • 筋トレ
  • トレーニング
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 腹筋
  • 食事

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ