勝負パンツならぬ勝負ボディ!?一発勝負に勝つための体作りとは!

  • 2016/12/07
  • ボディメイク
  • 436view
  • 加藤薩樹
タグ

1日だけベストなコンディションを作りたいあなたに

人生何事においても「勝負の日」というものがあります。スポーツをやっている人等は実感としてよくご理解頂けると思いますが、仕事でも大切な商談やプレゼンがある日などは、いかにその瞬間にコンディションをベストな状態に持っていけるかが成功と失敗の分かれ目となるわけです。

そしてこれはボディメイクでも同じこと。コンテストビルダーやフィジーカーの人であれば大会当日が勝負日になりますし、普通の人でも「海に行く日」や「どうしても成功させたいデートの日」などは十分、勝負日と言えるわけです。

266724056

そこで今回は、短期集中的に1日だけベストな体を作る方法をご紹介しましょう!特に減量を進めた最終段階として、最高の仕上がりを得ることができますよ。

 

まずはカーボディプリート!

計画は1週間程前から実行に移します。最初に行うべき事は「カーボディプリート」。簡単に言えば「糖質抜き」ですね。

461419003

これはいわゆる「糖質制限ダイエット」とは何の関係も無いので勘違いしないでくださいね。1週間で脂肪を大きく落とそうと考えるのはさすがに無茶というものです。

カーボディプリートでは「筋肉内のグリコーゲンを枯渇させること」を目的とします。重要になるのは第一に食事。食事から炭水化物を食物繊維以外はほぼ全て消し去ってしまうのです。ただ、カロリーはカリッカリの減量食でなくても大丈夫です。脂質とタンパク質はある程度摂りましょう。とにかく糖質だけを徹底的に排除するわけです。

カーボディプリート中は筋トレの効率は下がってしまいます。筋肉のエネルギー源であるグリコーゲンを全て消し去ろうとしている最中ですからね。これは当然です。しかし、それでも気合で筋トレは続けます。重量は普段の6割程度に落とし、ある程度のレップ数とセット数は確保するようにします。コツは全身を1日でトレーニングする事ですね。これによりムラなくグリコーゲンを枯渇させられるのです。

カーボディプリートは3日間続けます。

 

カーボローディングで筋肉を膨らまそう!

カーボディプリートが終わったら次は全く逆のことを行いましょう。それが「カーボローディング」です。つまり今度は筋肉内に一気にグリコーゲンを流し込むわけです。

鍵となるのは当然食事です。タンパク質と脂質の量を大きく落とし、炭水化物を1日何度かに分けて食べまくります。基準としては体重の10倍のグラム数が推奨されていますね。体重60kgの人であれば600gの炭水化物を1日かけて摂取します。

192511946

この時、なるべくたくさんの種類の炭水化物を摂ることをオススメします。甘いお菓子だけでなく、麺類、玄米、果物などですね。炭水化物(糖質)にもいろいろな種類があります。より効率的にカーボローディングを進め、筋肉内で長くキープするためには単一の糖質ではない方が良いのです。

ローディング中はトレーニングはほぼ行わなくても大丈夫です。せっかく入れたグリコーゲンが消費されてしまいますからね。ローディングは2日間行います。

 

ここまでやる?!仕上げは水抜き&塩抜き

最後の1日から当日にかけては「水抜き&塩抜き」で最後の仕上げを行います。まず水抜きはそのままの意味ですね。水分の摂取量を制限することで、皮膚と筋肉の間に含まれている水分を減らし、より筋肉のカットをハッキリ見えやすくするための方法です。

403780948

また、塩抜きをすることにより、細胞内の水分が外に排出されるようになります。塩抜きをすることによって水抜きの効果を更に高めようというわけです。

水抜き&塩抜きはあまりにも限界を攻めすぎると体調不良を起こす場合もあります。初めて行う場合は少し慎重に行いましょう。これであなたの勝負ボディが完成します!

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ