バーベキューで素人が陥りやすい5つのこと!

  • 2018/07/15
  • ライフスタイル・娯楽
  • 211view
  • 松村 昴
タグ

バーベキュー素人の失敗

バーベキューを趣味にしているオヤジも多いと思います。しかし、誰もが最初は素人であり、失敗してバーベキューの楽しさを学んでいくものです。でも、できれば失敗せずに最初からバーベキューを楽しみたいものでしょう。

そこで知っておきたいのが、バーベキューの素人が陥りやすい失敗についてです。今回は、バーベキューで素人が陥りやすい失敗を紹介するので、ぜひ参考にしてバーベキューで失敗しないようにしましょう。

バーベキュー素人の失敗

 

バーベキューで素人が陥りやすい失敗!

①上手に炭に火を付けられない
バーベキューの素人が陥りやすい失敗のひとつが、上手に炭に火を付けられないことです。炭に着火することは、簡単だと思っている素人が多くいます。しかし、意外とバーベキュー素人にとって、炭に火を付けるのは難易度が高くなっています。

そこで知っておきたいのが、炭に火を付けるコツです。着火のコツは、着火剤を使用することです。炭に直接火を付けるのは大変ですから、着火剤を使用するようにしましょう。着火剤には、ジェル型と固形型がありますが、どちらを使用しても大丈夫です。

素人でも上手に炭へ火を付けるために、バーベキューをするときは着火剤を用意するようにするべきです。

②お肉の用意をしすぎ
バーベキューの素人は、お肉を用意しすぎという失敗に陥ってしまうことが多いです。バーベキューのメインと言えばお肉です。そのため、お肉を買いすぎしまうという失敗が多くあります。バーベキューをする際のお肉の適量は、男性は約300g・女性は約200gが目安となっています。参加人数とお肉の適量から、ちょうどいいぐらいのお肉を用意するようにしましょう。

バーベキューで素人が陥りやすい失敗!

③服装の失敗
バーベキュー素人が陥りやすい失敗のひとつが服装です。当たり前ですが、バーベキューはアウトドアです。そのため、当然のように汗をかいてしまいます。さらに、焼肉のタレなどで服が汚れてしまうことがあります。

バーベキュー素人は、オシャレな服装などで参加してしまい、服が汚れて後悔することがあるのです。ですから、バーベキューをするときには、オシャレな服装よりも、動きやすい服装にするようにしましょう。また、白い衣類は避け、洗濯することができる服を選ぶべきです。

④日陰がない
バーベキューを行う場所で、失敗に陥ってしまうことがあります。バーベキュー素人は、日陰がない場所でバーベキューを開催してしまい、失敗することがあります。バーベキューを行う時期は、紫外線が強い時期です。直射日光では、紫外線を浴び放題となってしまい、バーベキューが不評となってしまいます。

とくに、女性が参加するようなバーベキューでは、紫外線を気にする女性が多いため、日陰がある場所でバーベキューをするのがおすすめです。基本的にバーベキューをするときは、日陰がある場所で行うようにしましょう。

⑤ゴミの分別
バーベキュー場では、多くの場所がゴミ出し禁止となっています。そのため、自宅にゴミを持って帰ることになります。そんなときに陥りやすい失敗が、分別せずにゴミを持ち帰ってしまうことです。バーベキューで出るゴミは、生ゴミや燃えるゴミ、空き缶などがあります。

それらを一緒くたにしてゴミを持ち帰ってしまうと、自宅でゴミの分別をしなければいけなくなります。バーベキューを終え、家に帰ってからゴミの分別をするのは大変です。そのため、バーベキューのときからあらかじめゴミの分別をしておくのがおすすめです。

バーベキューで素人が陥りやすい失敗!

 

失敗も楽しもう!

今回は、バーベキュー素人が陥りやすい失敗と対策を紹介してきました。できれば参考にして、バーベキューで失敗しないようにしてください。とは言え、バーベキューで失敗するのも醍醐味です。バーベキューでの失敗は、後の笑い話となります。そのため、失敗しても気にせず、思う存分バーベキューを楽しみましょう。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ