クイーンC2017  そのうちここから直行で桜花賞馬が出る高レベル戦

  • 2017/02/06
  • ライフスタイル・娯楽
  • 240view
  • のりき 夢丸
タグ

東京の1600でやるのはダテじゃない

36665626

メジャーエンブレム
ミッキークイーン
マジックタイム
ウキヨノカゼ
ヴィルシーナ
ホエールキャプチャ
リトルアマポーラ

はい、いきなりですが、過去にはこのクイーンCを経て、後にG1その他重賞をバコバコ勝つ牝馬がてんこ盛りなのです。

3歳牝馬クラシックの第一目標は春の桜花賞(オークスよりもね)。
主要トライアルは全部西で行われるのに、この2月の府中にこれだけの駒がそろう不思議さ。
「そんなにレベル高いか?」と疑問を持つような年でも、出てくるんですねぇ、のちの活躍馬が。

いまや「なんならここから桜花賞も狙えるよ」という高レベルレースとして覚えておきたい重賞のひとつである。

 

大昔にもいましたよ、直行組が

110827094

さかのぼること、今から21年前。
1頭の有力牝馬がおりました。
その仔の名は「イブキパーシヴ」。

とにかくスピードがあってね、暮れの3歳牝馬S(当時)はビワハイジの3着だったけど、このクイーンCではユタカを乗せて見後に快勝、レコードのおまけ付き。

これでトライアルを叩いて、本番の桜花賞へ、と誰もが思った瞬間……パーシヴは体調を崩し、その後のトライアルを使えない事態に。
そこで陣営はこのクイーンCから直行で桜花賞に行くことを決めたんだな。

でも、残念なことに鞍上は変わっちまった。
その年の3歳牝馬路線には、あのエアグルーヴがいた。イブキの体調問題もあってユタカはエアグルーヴにスイッチ。
桜花賞は南井の手綱で挑むことに。

本番もがんばったんだけど、ファイトガリバーの大駆けにあってパーシヴは2着に終わった。

当時は「そんなローテじゃどうせダメだろう」と散々言われたもんだけど、今にして思えば十分ありの選択肢だよね。

なぜなら昨年のメジャーエンブレムも同じ道を通ったのに、ファンは断然の1番人気に推したんだから。
結果は伴わなかったけれど、いつかこのローテで桜花賞馬が出る気がするな。

 

将来の重賞勝ち馬候補たち

437903695

今年の出走予定馬でまず注目したいのは
▼フローレスマジック(木村哲也厩舎)
だろうか。
血統はサトノアラジン、ラキシスの下で筋が通っているし、昨秋には同じコースのアルテミスSでリスグラシューの2着。
当時は馬体減だったから、休み明けもいい休養になったはず。
まだ1勝馬だが、今後重賞を勝つのは間違いない1頭だ。

距離短縮でいよいよ桜花賞へ照準を合わせた
▼キャナルストリート(大竹正博厩舎)
もおもしろい。
母フィラストリートはクズを出さない堅実な繁殖(ストリート一族といってもいいくらい)で、G1産駒誕生まであと一歩が続いている。
2,000、1,800を走れる3歳牝馬は、桜花賞路線で活躍するのが毎年の傾向。

この2頭はかなり強力なラインとなりそうだ。

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。 競馬血統ブログ「ほぼ毎週競馬ナビ」にて執筆中。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ