お祭りでかっこいい思いをするために金魚すくいの極め方を伝授!

  • 2018/07/20
  • ライフスタイル・娯楽
  • 98view
  • YAZIUP運営
タグ

夏祭りシーズン到来

夏祭りシーズン到来
夏祭りに欠かせない風物詩もいろいろありますが、金魚すくいはその中でもエース的存在でしょう。
金魚すくいは腕次第で数匹と言わず数十匹もすくえる人がいるのは割と知られていますが、それはよほど訓練した人でしかないと思っていませんか。
意外にコツを押さえれば、今からでも来たる夏祭りに間に合う程度のものでもあるのです。
特別な運動能力が求められる訳でもありませんので、中年の鈍った運動神経でもチャレンジ可能なものです。
知らない人は見ていて「すごい」と思ってくれやすいのが、金魚すくいでもあります。
そこでそのコツを仕入れて夏祭りで自分のポイントを高めてもらいましょう。
子供がするだけのお遊びのようなつまらないことかもしれませんが、そんなことが彼女にも家族にも評価してもらえる機会になるのです。

 

成果を上げるための仕込み

成果を上げるための仕込み
・店を選ぶ
金魚の多い店は、すくいやすそうな金魚を選ぶ余地も多くなります。
また、水槽の中で混雑していますので一匹当たりの運動量が抑えられてしまいます。
さらに酸素も欠乏気味になっていてすくいやすいのです。

・ポイを選ぶ
ポイとは、金魚すくいをする薄い紙が張られた道具です。
この紙が破れにくいポイを使いたいものです。
それは破れる箇所が広くなってしまう大きなポイでなく小さなポイにすることです。
しかし、選べる余地がある場合に限ります。
往々にしてお金と引き換えに渡してくれるポイを使うしかないのです。
そこでもらうポイは大人には、紙が薄くて破れやすい大きめのポイであることも通常なのです。
子供がもらえる小さなポイを手に入れられるように、子供がいれば子供を使うことも考えられる手段です。
店によっても違うポイを使っていることもありますので、事前に比較チェックしておくことも有効です。
「小さいのしか狙わないから小さいポイをください」などと交渉しても、祭りの雰囲気的に応じてくれやすくもあります。
もしも、ポイの紙にしわがあったりしたら破れやすくなりますので、遠慮せずに取り換えてもらいましょう。

 

消極的な構えが大切

消極的な構えが大切
・動画をチェックする
金魚すくいは、なかなかあらかじめ練習することもできません。
ですから、ポイの動かし方を動画で学んで頭に叩き込んでおきましょう。
YouTubeにも模範的な金魚すくいの様子がアップされていますので、軽く研究しておくことが効果的な学習方法です。
言葉で表現すれば金魚を追いかけてすくいあげるのではなく、設置した罠にかかった金魚を陸にあげるようなものなのです。
金魚すくいというネーミングに騙されたアグレッシブな動きをすると、失敗しやすいのです。

・水に抵抗しない
基本は水の圧力をまともに受けないよう水に対して垂直方向に動かさず水平方向に動かしながら金魚をすくうようにします。
金魚が多いと目移りして後を追いかけがちですが、そのようなこともしません。
無駄にターゲットを変えずとも、これと言う獲物が来るチャンスが来ますのでそれを待つことです。

・待ち伏せをする
紙は水中にあっても動かさなければ破けたりはしません。
そこで適当な位置にポイを待機させてその上を金魚が通ったタイミングで動きを仕掛けるようにします。
水面近くで動きの鈍い金魚を見つけたらそこがチャンスです。
この場合、弱っている金魚である可能性も高く逃げられる可能性も低くなります。
後は躊躇せずにポイの紙の上でなく枠の上にオンさせる感覚でゲットしましょう。
その際、尾びれを紙に接触させると破かれやすくなりますので、頭からすくいあげるようにします。
スピード勝負とばかりに一気にすくいあげる方が良さそうですが、そうでもありません。
遅過ぎてもいけませんが速過ぎてもいけないのが微妙なところではあります。

 

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ