YAZIUP CLUB会員募集中

あなたは大丈夫?コミュニケーションスキルアップのコツとは

  • 2019/02/09
  • ビジネス
  • 42view
  • 加藤薩樹
タグ
  • マナー/教育
  • コミュニケーション
  • ビジネスマナー
  • マナー
  • 会話
  • 教育

コミュニケーションスキルを磨こう

コミュニケーションスキルを磨こう
多くのビジネスパーソンが自分の弱点だと認識し、可能であれば是非とも身につけたい、向上させたいと考えているのが「コミュニケーションスキル」です。コミュニケーションスキルは取引先や顧客だけでなく、同僚や先輩、部下、上司といった仕事上関わる全ての人々と、円滑かつ良好な関係を築くために必須のスキルと言えます。

また、コミュニケーションスキルが高い人は単に人と仲良くなれるだけでなく、自分の要望や要求を波風起こさず相手に伝え、実現してしまうという事も可能です。つまり、仕事上の成績もぐんぐんアップするわけで、当然昇進や給与アップにも大きく関係するわけですね。

今回はコミュニケーションスキルを向上させるためのポイントや、そのベースとなる脳のコンディションアップの方法を解説していきましょう。

 

覚えておきたい5つのポイント

①小さな話題を豊富に用意しておく
時事問題や天気、芸能、スポーツ、その他噂話やトレンド系など小さな話題を常に複数頭の中に用意しておきましょう。当たり障りのない話題であってもシリアスな議題の前には良いクッションになりますし、沈黙が続きそうなムードの時にも利用することができます。
気まずい雰囲気を味合わないためにも「話のネタ」は必ず用意しておくべきなのです。

②表現を変えて復唱する
相手が自分に何かを説明したり解説したりしている時、単にウンウンと頷くだけではなく表現を少し変えて復唱してみましょう。これによって貴方が相手の話に真剣に耳を傾け、そして内容を理解しているという事を伝えられるのです。

「例えば~~ということですよね?」といった表現方法で復唱してみましょう。

③無駄に長く話過ぎない
とにかく話の結論が出てくるのが遅い人というのは相手をイライラさせてしまいます。また、何について話そうとしているのかを冒頭で伝えない人も同様です。

オチをつけて笑いをとるような話ではない限り、結論については話の最初で伝えるのが良いでしょう。

④話の邪魔をしない
相手の話をしっかり聞かない人というのはコミュニケーション能力が低いと断じて間違いありません。そもそも意思の疎通ができていないからです。

相手が勘違いしていたり、事実誤認がある場合であってもとりあえず相手が話終わるまで待ちましょう。これは決して相手のためだけでなく貴方の話を相手に聞いてもらうためにも重要なのです。

⑤ボディランゲージにも注意を払う
貴方にそんな気がなくても、話の最中にあくびをしたりスマホをいじったりすれば相手は不快感を覚えるでしょう。コミュニケーション能力が高い人にとっては当たり前の話なのですが意外と相手に失礼な態度をとってしまう人というのは多いのです。

適度に相手と目合わせつつ、相槌を打つ。これだけでも十分聞き上手な人と言えるのです。

 

脳のコンディションアップも重要

良好な脳のコンディションとは常に新しい神経細胞が生成され続けている状態を指します。神経細胞の生成が上手くいかないと情緒が不安定になったり、記憶力が低下してしまうおそれが高まるのです。

コミュニケーションスキルを磨く上でも脳のコンディションアップは重要です。脳の元気が無いと心の活力も生まれません。前向きかつポジティブな精神状態でなければコミュニケーションスキルの向上もなかなか見込めないのです。

 

神経細胞を活性化させるための行動とは

①ルーチンワークだけで一日を終わらせない
②適度な運動を実施する
③情報をインプットするだけでなくアウトプットする
④食事の料理や素材を増やす
⑤人と少しでも多く話す

これら5つのポイントについて、自分が足りていないと思うものがあれば意識して行動に移してみましょう。いずれも脳に新鮮な刺激を与える役に立ちます。

コミュニケーションスキルにはセンスや持って生まれた才能のようなものも大きく関与します。ただし、日頃の訓練や習慣でかなりのレベルまで向上させることは可能なのです。

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ