YAZIUP CLUB会員募集中

ホームジムを作るにあたって用意しておきたいアイテムとは?

  • 2019/03/20
  • ボディメイク
  • 137view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 筋トレ
  • ジム
  • トレーニング
  • フィットネス
  • 筋トレ
  • 筋肉

ホームジム人口急増中!

ホームジム人口急増中!
引き続き筋トレ業界、市場の拡大基調は続いているようです。日本では欧米諸国と比べてそもそものフィットネス参加率がとても低いためまだまだ伸びしろはあると考えてよいでしょう。以前は健康増進目的の年配者が多かったジムですが、最近では美意識の高い若い女性もフリーウエイトゾーンでよく見かけるようになってきました。素晴らしいことです。

さて、ジムが活気に沸く一方で自宅でトレーニングをするためにホームジムを作ろうとする人も増えています。ジムに通うのがめんどくさかったり月会費がもったいないという人は確かに自宅に筋トレ環境を作った方が便利が良いと言えます。

今回はホームジムを作るにあたってメインではないけど用意しておいた方が良い便利なアイテムをご紹介していきましょう。

 

メインはラックやマルチマシンだが…

ホームジムの花形といえばやっぱりパワーラックはハーフゲージ、スミスマシンでしょう。またベンチも必須のアイテムと言えます。これらは誰もがホームジムを作るにあたって導入を考える器具です。そのほかにはダンベルやバーベル、それらに付随するプレートやカラーですね。

すでにトレーニング経験のある人であればケーブル系マシンの導入も検討するのではないでしょうか。特に背中のトレーニングではケーブル系種目の「効き」は抜群ですし広背筋を的確に刺激することが可能となります。

これらメインとなるマシンをどのように設置するかだけを考えていると実は後々苦労することも多いのです。実際にマシンを使い続けるにあたってはその周辺の機材の使い買ってが極めて重要となるのです。

 

プレートとシャフトの取り回しが肝

実際にジムと比べて狭い自宅でトレーニングしてみると難しさを感じるのがバーベルプレートやシャフトの取り回しです。

プレート付け外しのためにはシャフトの左右に最低でも40センチ以上おスペースは欲しいところです。また床にプレートを平置きしてしまうと掴んで持ち上げるのに苦労しますし場所も無駄に占有してしまいます。

シャフトもラックから抜いてデッドリフトなどを行おうとすると周囲にスペースが必要となります。

これらを省スペースでストレスなく実施するには専用のプレートラック、プレートツリーを用意するのが望ましいのです。予算削減のためにカットされやすい器具なのですがあると無いとでは大違いです。

 

ケーブル系アタッチメントの処理について

ケーブルマシンを導入すると当然ながらアタッチメント類がたくさん必要になります。ラットプルダウングリップ、ケーブルマシン用ロープ、V字グリップなどは当然ですしショートストレートバーやリボルビングバー、シングルハンドグリップ、エクササイズハンドルなど数え上げればきりがないほどです。

これらを整理整頓するための専用ラックやツリーも市販されていますから活用することが推奨されます。何気に場所をとるのがこれらのケーブル系アタッチメントなのです。

 

ダンベルミットがあると便利!

ダンベルは持っているけどバーベルは無い、という人はとても多いと思います。さすがにその逆はあまりいないでしょう。

確かにダンベルがあればほとんどの種目、部位は鍛えられますからとレーニングするにあたって何の問題もありません。ただ、ダンベルはダンベルなりの扱いの難しさがあるのは事実です。

ダンベルを使ってトレーニングする際の大きな問題点としては比較的高重量でダンベルベンチやショルダープレス、ダンベルフライなどを行っている時に、オールアウトした直後でも床にダンベルをソフトに置かなくてはならないという点です。これは真剣にトレーニングしている人であればあるほど地味に気になる問題となります。

床にダンベルを放り投げると床だけでなくダンベルそのものにも大きなダメージが及びます。そこでおすすめしたいのが「ダンベルミット」と呼ばれるアイテム。その名の通りダンベルを受け止めるための専用品で厚いウレタン系の素材でできておりパッと見は極厚の座布団のようです。

ダンベルミットを使えば頭の高さから30kgのダンベルを落としても全く問題はありません。ダンベルトレーニングを極めたいのなら絶対に導入して損はないでしょう。

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ