冬こそ臭いにご用心?!ワキガを防ぐ方法とは

  • 2018/12/12
  • ボディメイク
  • 105view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 体臭/汗
  • 体臭
  • 暮らし
  • 生活習慣
  • 身だしなみ

体臭

加齢臭だけじゃない!臭いに要注意

30代以上の男性が気になる臭いといえばなんといっても加齢臭ですよね。最近では様々な加齢臭予防のテクニックがネットでも公開されていますが、実は冬の間に気をつけなければならない臭いは加齢臭だけではないのです。

意外に思われるかもしれませんが、実は冬は汗やワキのニオイがとてもキツくなる季節なんです。夏は汗をよくかく分だけ老廃物が体に溜まりにくくなります。しかし、冬はあまり汗をかきませんから、暖房のきいたオフィスや電車、飲食店などでは本人の自覚の無いままきっつい体臭を放ってしまうケースが多いのです。

今回は、冬の男の臭い対策について解説していきましょう。臭いに関してノーマークな季節だからこそ要再確認ですよ!

 

ワキのニオイはクリームで?

自分の臭い程自分自身ではよく分からないものはありません。つまり自分で自分の臭いが気になるレベルになると完全にもう手遅れです。周りの人からは完全に「悪臭マン」というレッテルを貼られてしまった後だと考えてよいでしょう。

そうならないためには先手先手を打っておく必要があります。体臭の元になる場所といえば一番は「脇の下」ですが、ここをケアするためにはクリーム系の商品が一番です。持続力も高く朝着替える時に素早く塗ることができます。

クリームにはいろいろなタイプがありますが、効果が高いと評判なのは「ミョウバン」が含まれているものですね。悪臭を別の臭いでごまかすわけではなく、しっかり根本から抑えこんでくれます。

ちなみに筆者は脇用ではなく足用のものを脇に塗っています。なんとなく足用のものの方が強力なような気がするのですが、このあたりは人それぞれの好みの問題もありますね。

 

食生活の注意点

そもそも臭いの元になるのは貴方の食べた物です。もちろん個人差はありますし、同じような食生活をしている場合でも体臭がキツくなりやすい体質の人はいます。

ですが、臭いの原因となるような食生活を避けることで多くの人はかなりの体臭減効果は期待できるのです。

まず一番に気をつけたいのは「質の低い油」です。これは主に揚げ物や洋菓子、菓子パン類に含まれていると考えてください。同じ油でも青魚やエクストラヴァージンオリーブオイル、アボカドに含まれる脂質はむしろ血液をサラサラにして体臭を減らしてくれます。

質の低い油をたくさん摂ってしまう食生活は体の内面も外面もそして、臭いまで悪化させてしまうのです。

その他、アルコールは毒性を分解する過程で生まれるアセトアルデヒドという成分が悪臭の原因となります。お酒を飲む習慣が多い人は気をつけたいですね。逆にビタミンB群はアミノ酸の吸収を促進しタンパク質摂取による体臭悪化を防ぐ効果を持っています。筋トレなどをしていて意識的にタンパク質摂取量を増やしている人は、マルチビタミンなどのサプリで微量栄養素を多めに摂るとよいでしょう。

 

最終手段は手術だけど…

ワキのニオイ対策として、最終的に考えられる手段としてはやはり手術でしょう。ワキガ手術は保険の適用対象でもありますから費用もある程度抑えられます。また、脇はそれほど人目に付く部分ではないですので傷跡もあまり気になりませんね。

ワキガ手術はアポクリン汗腺という臭い及び汗の元になる部分を物理的に切除してしまいます。ですから基本的には一度実施してしまえば二度とワキのニオイで悩むことはなくなるのです。

手術は日帰りで行うこともでき、術後数日間安静にしていればすぐに日常生活を再開できます。どうしても脇の臭いが気になる場合は一度専門病院を受診してみるとよいでしょう。

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ