YAZIUP CLUB会員募集中

2人きりで会ってくれない!性の心理と攻略法

  • 2019/05/19
  • モテ
  • 114view
  • YAZIUP運営
タグ
  • テクニック
  • コミュニケーション
  • 女性
  • 心理
  • 恋愛
  • 恋愛テクニック
  • 男性

「2人きりになりたいのに…」という悩み

「2人きりになりたいのに…」という悩み
「気になる女性とプライベートで遊んだことはあるけど、グループ交際止まり」
「2人きりで遊ぼうと誘っても、何かと理由をつけて断られてしまう」
とお悩みではありませんか?
意中の女性と2人きりで遊んで、もっと親密な関係になりたいと思っていても、何らかの理由で女性が誘いに応じてくれないことがあります。
2人きりで会いたがらない女性の心理と対処法を知って、今後に役立てましょう!

 

警戒しているから

その女性と知り合って、どれくらい経ちましたか。
連絡や顔を合わせる頻度もどうでしょうか。

というのも、女性は男性以上に警戒心が強いです。
まだそんなに仲良くない段階でデートに誘っても、
「この人と2人で会ったら何をされるかわからない」
「酔った勢いでホテルに連れ込まれそう」
と、女性は警戒します。

でも、だからといって「安心して!」「何もしないから!」と説得してもムダです。
信頼関係を築けていない段階であれこれ言っても、かえって疑われる原因になります。

 

警戒心をとくヒント「共通点を探す」

警戒心をとく簡単な方法に「共通点を探す」というものがあります。
共通点があると共感が生まれ、安心感につながります。
共通点は1つよりも2つ、2つより3つ…と、多いほうが効果的です。
共通点がわからなければ、趣味や好きな食べ物などを質問して「俺も!」と共感するのもOK。

 

どんな人間か知ってもらおう

謎の多い人物とは会う気になれませんよね。
どんな人物なのかをイメージしてもらえるように、『自己開示』をすることが大切です。

ただ、自己開示をする『内容』にはくれぐれもご注意ください。
「俺ってドSなんだよね~」
「実は昔、結構なワルで…」
「食べ物の好き嫌いが多い」
など、印象がマイナスになりかねない内容は避けたほうが無難です。

「おいしいコーヒーが好きで、休日はカフェ巡りをしているんだ」というような、共感を得られそうな内容を心がけてみてはいかがでしょうか。

 

ギャップは「少ないほうがいい」

ギャップに萌える女子もいますが「ギャップにドン引きする」ケースもあります。
よくあるのが、「会っているときは無口なのに、LINEではマシンガントーク」というタイプです。
このようなギャップは「え?大人しい人だと思っていたのに…」と警戒心を生みやすいので、注意しましょう。

 

恋愛対象として見ていない

軽い気持ちで「会ってみようかな?」と思う女性もいれば、「恋愛対象外の男とは会う気になれない」という女性もいます。
また、「男友達だし、2人で会って何かあったら気まずくなりそうで怖い…」ということも考えられます。

いずれにしても、「まだ1人の男として見られていない」ということです。

 

男らしい一面をアピールしよう

女友達と同じラインに立っていては、いつまで経ってもデートにこぎつけません。
とはいえ「でも、だからといって大胆な行動に出たら嫌われてしまいそうだし…」と不安になるものです。
ならば、ちょっとずつでも『男』を見せて、関係の発展を図ってみてはいかがでしょうか。

男らしさを感じるポイントは、
・器の大きさ
・前向きな姿勢
・思いやりがある
・有言実行
・夢や信念がある
などです。

大胆にアピールできないとお悩みでしたら、是非参考にしてくださいね。

 

「1人の男として意識しすぎている」というケース

すでにあなたのことが気になっていて、
「まだ心の準備ができてない…」
「ちゃんと話ができるか心配」
「何を着ていこうかな…」
と心配なり、2人きりで会えないという女性もいます。

この場合は、時間が解決してくれることが多いです。
あっちから「会ってみたい」と思ってもらえるように、焦らずにゆっくり時間をかけて心の距離を縮めるとよいでしょう。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ