YAZIUP CLUB会員募集中

ゴルフ練習場は1階と2階どちらを選ぶ!?それぞれのメリット・デメリット!

  • 2018/11/20
  • ライフスタイル・娯楽
  • 151view
  • 松村 昴
タグ

2階建てのゴルフ練習場!

ゴルフ好きのオヤジ、ゴルフ練習場を利用することもあると思います。ゴルフ練習場の規模はそれぞれですが、打席が1階と2階にあるゴルフ練習場が多いです。そこで疑問に思うのが、「1階と2階のどちらで練習をするのがいいのか?」ではないでしょうか。

実は、どちらにもメリット・デメリットのどちらもあります。そこで今回は、ゴルフ練習場の打席で1階・2階を選ぶそれぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。ぜひ、ゴルフ練習場を利用する際の打席選びの際に、参考にしてみてください。

2階建てのゴルフ練習場!

 

ゴルフ練習場で1階を選ぶメリット・デメリット

<メリット>
ゴルフ練習場で1階を選ぶメリットは、打球の高さや飛距離を確認しやすいことです。1階の打席なら、ボールを打つ所とボールが落ちる場所が同じ高さとなっています。ですから、打球の高さや飛距離を正確にチェックすることができます。

そのため、アプローチ練習や飛距離チェックにおすすめなのが1階です。より実践に近い形で練習することができるのが、1階の打席を選ぶメリットとなっています。

<デメリット>
ゴルフ練習場で1階を選んだ場合、デメリットも存在します。まず、料金についてです。1階と2階がある場合、基本的に1階の打席の方が割高となっています。そのため、金銭面で1階の打席を選ぶのはデメリットがあるのです。

また、ゴルフ練習場はやや上り坂になっているケースがあります。これは、ボール回収の作業効率やボールの落ちた所が見やすいからです。しかし、そのせいで無意識に、ボールをすくい上げようとしてしまいます。

その結果、変なスイングフォームになってしまう可能性があるのです。このように、1階の打席を選んだ場合には、デメリットもあるのです。

ゴルフ練習場で1階を選ぶメリット・デメリット

 

・ゴルフ練習場で2階を選ぶメリット・デメリット

<メリット>
ゴルフ練習場で2階を選ぶメリットは、まず金銭面です。1階よりも2階の打席の方が、安い料金設定になっていることが多い傾向があります。あまり余裕がないオヤジにとっては、安い料金で練習できるのは嬉しいはずです。

また、スイングづくりでもメリットがあります。2階の打席は、打ち下ろしになります。そのため、ボールをすくうような動きをしにくくなり、スイングづくりに向いているのです。

しかも、1階よりも料金設定が安いため、同じ料金でより多く練習することができます。ですから、2階の打席はスイングづくりに適しているのです。

<デメリット>
ゴルフ練習場で2階を選ぶとデメリットもあります。2階を選ぶデメリットは、正確な距離をチェックすることができないことです。2階から打ち下ろしになるため、正確な距離を測ることはできません。

どうしても、正確な距離を知りたいなら、1階の打席で練習するのがおすすめです。ただし、1階の打席を使用しても、練習場と本番のボールは異なります。そのため、ゴルフ練習場で正確な距離がチェックできても、あまり意味をなさないので注意してください。

ゴルフ練習場

 

結局、1階と2階のどちらを選ぶべき?

今回は、ゴルフ練習場の1階と2階の打席のメリット・デメリットについて紹介をしてきました。どちらで練習するにしても、メリットとデメリットのどちらもあるので、その中からどっちを選ぶべきなのか考えましょう。

基本的に、アプローチや正確な距離を掴みたいなら1階がおすすめです。逆に、スイングづくりをしたいなら、2階がおすすめとなっています。それぞれの特徴を活かせるように、自分がどんな練習をしたいのかを考え、ベストの打席で練習をするべきです。

デキるオヤジなら、練習場の打席もしっかりと考えているはずです。ぜひ、効率的な練習ができる打席を選んで練習し、ベストスコアを目指しましょう。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ