YAZIUP CLUB会員募集中

エネルギーを活性化!コーヒーよりも効果的なドリンクとは

  • 2019/02/06
  • ライフスタイル・娯楽
  • 77view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 生活習慣
  • カフェイン
  • コーヒー
  • 生活習慣
  • 飲み物

コーヒー苦手な人は意外と多い!

コーヒー苦手な人は意外と多い!
寝覚めにガツッとブラックコーヒーを飲む。そんな人はとても多いと思います。仕事中に眠気を感じた時にもカフェインの覚醒作用を期待してコーヒーを飲むなど、コーヒーを全く口にしない日などないという人も珍しくありませんね。

大人の飲み物(アルコール除く)といえばコーヒーだというイメージも強いと思います。コーヒーは我々の生活する日常において最も一般的なエナジードリンクであると言えるでしょう。

しかし、世の中にはコーヒーが苦手という人も少なからず存在するのです。もちろんコーヒーが苦手だからといって寝覚めにいつまでもぼーっとしていてよいわけではありませんし仕事中の睡魔はなんとしてでも撃退する必要があります。

そこで今回は、コーヒーが苦手な人にもオススメできる、コーヒーの代替え的なオススメドリンクについて解説していきましょう。

 

カフェインは必須?

コーヒーの味というよりもカフェインが体に合わない人も多いと思います。そのためノンカフェインのコーヒーであれば飲めるけど…という人もいますよね。

カフェインには覚醒作用が期待できますが逆に体に対してマイナスの作用となる事もあります。カフェインを過剰に摂取してしまうとストレスホルモンの分泌を促進してしまったり、睡眠のリズムが乱れることがあります。

また、コーヒーにはたくさんの抗酸化物質が含まれていますが、これも大量摂取すると運動パフォーマンスを低下させたり、体のだるさに繋がることがあるのです。つまり、カフェインは体のコンディションをアップさせるために、有用である事もあるが、必須ではないといえるのです。

 

コーヒーの代替えドリンクベスト3!

コーヒーやカフェインの力に頼りすぎることなく体やメンタルを元気にするには、以下の3種類のドリンクが推奨されます。

まず、第一にプロテイン豊富なスムージーです。タンパク質は体内で分解されアミノ酸になります。アミノ酸は人間の体を形作る最も基礎となる栄養素であり、様々な神経伝達細胞にも必要不可欠な存在です。

最近ではフルーツ系フレーバーのプロテインパウダーがたくさん販売されています。これに本物のフルーツと野菜をミックスしスムージーを作ってみましょう。体に強い活力を与えてくれるはずです。朝食を兼ねることができますしココナッツオイルなど良質な脂質を混ぜても良いですね。

二つ目は、マテ茶です。南米原産のちょっとマイナー系のハーブティーです。マテ茶には鉄分やマグネシウム、亜鉛といったミネラルが豊富に含まれています。また食物繊維が多いのも特徴的です。日中に乗員するドリンクとしても有用ですし食事の時だけ飲んでもよいでしょう。

三つ目はフルーツウォーターです。これは水にカットしたフルーツを混ぜ、薄く果汁が混ざった状態にしただけの極めてシンプルな「お水」です。果物にはご存知の通りたくさんのビタミンが含まれており、これは体のコンディションをアップするのにとても効果的です。味や色が強くついた飲み物は嫌だが単なるミネラルウォーターではつまらないという人にオススメです。コーヒーのようにガツン!と脳に刺激は与えられませんけどね。

 

透明なコーヒー…飲んだことあります?

最近、コンビニやスーパーの清涼飲料水販売コーナーで、ペットボトルに入った透明なコーヒーを見かけたことはないでしょうか。

パッと見、ただのミネラルウォーターなのですが飲んでみるとたしかにコーヒーの味が感じられるのです。

市販されている透明コーヒーは、エスプレッソ抽出エキスと牛乳由来のミネラルを天然水に混ぜて作られています。コーヒーを飲むのを人に見られたくない人や、歯の着色汚れが気になる人には適していますね。ただ、この透明コーヒーにはカフェインが含まれていない商品が多いため、脳の覚醒効果はあまり期待できないという点は留意してください。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • カフェイン
  • コーヒー
  • 生活習慣
  • 飲み物

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ