YAZIUP CLUB会員募集中

ノートパソコンを購入するための知識~お勧めノートパソコン

  • 2019/04/23
  • ライフスタイル・娯楽
  • 170view
  • Rc.オガ
タグ
  • 趣味
  • PC
  • オヤジ
  • 悩み
  • 新生活
  • 趣味

ノートパソコンを購入するには

新年度がスタートした2019年4月。新社会人や新大学生になって新しくノートパソコンを用意する方も多いことでしょう。

また、10月から消費税アップすることや2020年1月にはWIN7のサポートが終了してしまうことから買い替えを考えているオヤジがきっといるはずですね。

今回は、購入に悩んでいるそんな方にお勧めするもっとも需要が多いポピュラーな画面が15インチサイズのスタンダードノートパソコンをRc.オガの視点から紹介します。

 

とにかく安いノートパソコン

①HP HP 15-db0000 エントリープラスモデル

HPのメーカー直販サイトのみで取り扱っているモデルでが、とにかく安いです。価格は、3万4560円。しかも、HDDは余裕の1TBです。CPUは、AMD。まぁCOREi3程度の能力は十分にあります。

メモリは4GB。プラス5000円で8GBに出来ます。OSは、Windows 10 Home (64bit)が搭載されています。ワードやエクセルなどのOffice 2016の価格は、1万4700円~2万8000円まで選べます。

最も安いMicrosoft Office Personal 2016には、ワード・エクセル・アウトルックの3点セットです。パワーポイントなど必要ないならば最も安いOffice Personal 2016で十分ですね。

②デル New Vostro 15 3000(3581) ベーシックモデル(SSD搭載)

読み込み書き込みがHDDよりも圧倒的に早いSSDが欲しい方で、とにかく安いモデルです。価格は3万5389円。このモデルもメーカー直販サイトでのみ購入できます。

CPUは、Corei3搭載。OSは、Windows 10 Home (64ビット)です 。SSDは、128GB。Office選択可能モデルもあり2016と最新版の2019も選べます。最新版の2019は、2016よりも3000円高い価格になっています。デルではOffice Personal 2016の価格は、2万円。

SSD搭載パソコンは、とにかく起動が早いのでストレス知らずです。サクサク作業をこなしたい方にお勧めします。ストレイジの容量が少ないので、それを補うために外付けハードディスクや大容量USBまたは大容量SDカードが必要になってくるかもしれません。

パソコンのハードコアマニアは、内臓DVDを外してそこにSSDを搭載する裏技もあるようでメーカーからキットも販売されているようです。それほどのマニアでなくてもできるので挑戦してみてはどうでしょうか。

 

コストパフォーマンスで選ぶなら

レノボ ThinkPad E580

値段にこだわらないで、そこそこ性能がいいモデルを購入したい方向にお勧めです。レノボのパソコンも、パット見はほかのメーカーと同じように見えますが、じっくり見てみるとキーボードの形状や赤いトラックボールなどかなり独創的な造りになっています。

そんな独創的なコアなレノボファンをかなりいます。実は、私もそうですが何よりもキーボードの配列になるのか形状がいいのでこれまで使ってきたどのメーカーよりもタイピングしやすいです。(まぁ、3~4台くらいレノボのノートパソコンを使っていたこともありますが、、。)

ストレイジは、HDDの高速タイプ7200rpmで容量は500GB。国産メーカーでは、ほとんど5200rpmなので速さが断然違います。さらに、SSDも選べダブルストレイジ化もOKです。SSDは、256GBで1万1800円で、512GBで3万5640円。HDDも5400rpmの1TB(1万2340円)の大容量が選べます。

どちらも最大を選べばSSD 500GB+HDD 1TBとビックサイズストレイジが誕生します。国産メーカーでは絶対できないことができてしまうのが海外メーカーの強みでしょう。

CPUは、Corei3搭載なのでサクサク作業できます。2019年4月現在、24%オフで5万4173円です。オフィスは付いていませんが、選択することも可能です。その場合は、+2万円ほどになります。メモリーは、4GB。メモリーは、最大32GBまで搭載可能なのもレノボらしいところでしょう。

ThinkPad E580のもっともよいところは、搭載されている標準スピーカーが最初から高性能でとても良いものが付いていることです。最近はやりの有料動画サイトなど楽しんでいる方には特におすすめです。

まぁ、パソコン用のスピーカーはたくさん販売されていますが、動画を見るためにいちいち外付けスピーカーにつなぐのも面倒なものです。動画を観るために、いちいち外付けスピーカーを用意して接続する手間も時間ももったいないと思いませんか。ThinkPad E580ならそんな煩わしい手間いらずで、即たのしい動画を楽しむことが出来てうれしい限りです。

この記事の作者

Rc.オガ
Rc.オガ
オギャと生まれたときからミニカーを握りしめていたくらいの車好き。旧車から新車、軽自動車からVIPカーそしてダンプカーやバスまでと守備範囲はとても広いです。WRCやF-1・インディ―カ―そしてエア・レースとレース観戦が大好き。長年に渡って培ってきた、車のウンチクを後世に伝承させるためWEBライターとして、車の楽しさを日夜伝道しています。
up Rc.オガ
Rc.オガ

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ