高級イヤホンと格安イヤホンって何がどう違うの?

  • 2018/07/01
  • ライフスタイル・娯楽
  • 147view
  • 松村 昴
タグ
  • 趣味
  • イヤホン
  • オーディオ
  • 趣味
  • 音楽
  • 高級

イヤホンは多種多様

スマートフォンやミュージックプレイヤーを使う際には、イヤホンを利用することが多いと思います。

多くのメーカーがイヤホンを開発しており、様々な製品が世に出されています。そのため、イヤホンの種類は多く、高級なイヤホンから格安のイヤホンまであるのです。そこで気になるのは、高級イヤホンと格安イヤホンの違いについてです。

見た目にはほとんど変わらないだけに、高級イヤホンと格安イヤホンの違いはわかりにくいと思います。

今回は、高級イヤホンと格安イヤホンの違いについて紹介していきます。

イヤホンは多種多様

 

高級イヤホンと格安イヤホンの違い

①音質について
高級イヤホンと格安イヤホンの大きな違いのひとつが音質です。圧倒的に違いがあると言っても過言ではありません。基本的に、高級イヤホンは「ドライバーユニット」という部品に力を注いています。

このドライバーユニットによって、低音の質が大きく変わってしまいます。そのため、高級イヤホンほど高品質で複数のドライバーユニットを搭載しており、高音質を実現しているのです。一方の格安イヤホンでは、どうしてもドライバーユニットの質が悪い傾向があります

。その結果、高級イヤホンと格安イヤホンの違いは、ドライバーユニットにあり、音質の違いでもあるのです。音質にこだわりたいなら、高級イヤホンを使用するのがおすすめです。

②周波数帯域の幅
高級イヤホンと格安イヤホンの違いとしては、再生可能な周波数帯域の違いもあります。周波数帯域とは、電気信号や電波の周波数の範囲のことを指しています。

高級イヤホンほど、周波数帯域が広いです。一方で、格安イヤホンの方が周波数帯域は狭い傾向があります。高級イヤホンを使うようになってから、格安イヤホンでは気付かないような音に気付くのは、この周波数帯域の違いによるものです。

基本的に、周波数帯域が広い高級イヤホンの方が音に迫力が出ます。逆に、周波数帯域が狭いと音が軽くなります。

周波数帯域の幅

③付属機能
高級イヤホンと格安イヤホンの違いには、付属機能を挙げることができます。高級イヤホンほど、付属機能が付いている傾向があるのです。

具体的には、「マイク付き」「手元でボリュームや曲の変更可能」「電話の通話開始や保留ができる」などの機能があります。これらの機能を使いこなすのなら、高級イヤホンがおすすめです。

逆に、あまり付属機能を使わないなら、格安イヤホンでも問題ないでしょう。付属機能によって、イヤホンの値段が違うため、必要の機能なのかを考えてイヤホンを購入するようにしてください。

 

イヤホンの選ぶ際のポイント

イヤホンは高級イヤホンと格安イヤホンがあり、値段が大きく異なります。そのため、イヤホンを選ぶ際には、値段は重要な要素のひとつです。

しかし、他にもチェックしておきたい部分があります。それはイヤホンの種類です。イヤホンの種類には「インナーイヤー型」「カナル型」「ダイナミック型」「Bluetoothワイヤレス型」「ノイズキャンセリング型」など様々なタイプがあります。

そのため、自分に合っているタイプのイヤホンを選ぶことがポイントなのです。

イヤホンの選ぶ際のポイント

 

選ぶ際のポイント

イヤホンには、高級イヤホンと格安イヤホンがあります。高級イヤホンほど高音質で、周波数帯域が広い傾向があります。そのため、迫力ある音を楽しむことができるのです。

また、高級イヤホンほど付属機能がある傾向があり、便利なイヤホンとなっています。それだけ、高級イヤホンと格安イヤホンでは違いがあるため、イヤホンを選ぶときには注意してください。

また、イヤホンには様々なタイプがあります。それぞれ特徴があるのですが、自分に合っているイヤホンのタイプを選ぶのがポイントです。

ぜひ、高級イヤホンと格安イヤホンどちらにするのかだけでなく、イヤホンのタイプも選ぶ際は気にしてみてください。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ