スバルのフォレスターとXVはどう違うのか?

  • 2018/06/25
  • ライフスタイル・娯楽
  • 251view
  • 松村 昴
タグ
  • 自動車
  • アウトドア
  • メーカー
  • 自動車
  • 運転

スバルの二大SUV

最近人気のSUVですが、スバルで人気のSUVと言えばフォレスターとXVです。スバルにとって、フォレスターとXVはSUVの二大エースと言っても過言ではありません。そこで気になるのが、スバルのフォレスターとXVにはどんな違いがあるのかです。同じSUVだけあり、フォレスターとXVには似たようなイメージがあります。そこで今回は、スバルのフォレスターとXVの違いを中心に紹介していきたいと思います。

スバルの二大SUV

 

スバルのフォレスターとは?

フォレスターは、1997年に発売が開始されたスバルのSUV車です。2018年5月18日に新型のフォレスターの先行予約が始まり、7月19日に売り出すことが発表されています。新型のフォレスターは5世代目となっており、様々な新機能が搭載されています。なかでも注目されているのが「ドライバーモニタリングシステム」です。ドライバーモニタリングシステムとは、ドライバーの顔認証をするシステムであり、新型のフォレスターに新搭載されているのです。もちろん、今までの良さも残っており、走破性が抜群となっています。

 

スバルのXVとは?

XVは、2010年に販売が開始され、2017年には3代目にフルモデルチェンジしています。悪路でも爽快に走り抜けることができる踏破力があり、アウトドアでも使いやすいSUV車です。デザイン性や機能性が兼ね備えられており、若者からオヤジまで乗りこなすことができます。また、2018年にはマイナーチェンジされており、高い人気を誇っているのです。

スバルのXVとは?

 

フォレスターとXVはどう違うのか?

①燃費面
フォレスターとXVの違いだが、まずは燃費面について紹介していきます。新型フォレスターの燃費は、JC08 モードで14.4~18.6㎞/L、WLTCで13.2~14.0㎞/Lとなっています。一方XVは、JC08 モードのみで15.8~16.4㎞/Lです。このことから、フォレスターとXVに燃費面の違いはほとんどないのがわかりますそのため、あまり燃費面で比べる必要はないのではないでしょうか。

②走行面
気になる走行面の違いですが、フォレスターとXVはどちらも「シンメトリカルAWD」と「X-MODE」を採用しています。シンメトリカルAWDとは、独自のAWDシステムであり、安定した走行を提供しているのです。また、X-MODEとは4輪の駆動力をコントロールする制御システムです。これにより、雪道や砂利道などの悪路でも安定した走行をすることができます。このように、どちらも走行面で優れており、大きな違いはありません。

③サイズ・デザイン面
フォレスターとXVでは、サイズ面で若干の違いがあります。フォレスターは、全長4,625㎜・全幅1815㎜・全高1,715㎜です。一方で、XVは全長4,465・全幅1,800㎜、全高1,550㎜となっています。このことから、全幅以外はフォレスターの方が大きいことがわかります。見た目のイメージも、フォレスターの方がよりSUVらしく、オフロード車の雰囲気満載です。とは言え、XVも十分ゴツイため、オシャレなオフロードと言った感じとなっています。そのため、オフロード車らしさを求めるならフォレスターの方がおすすめであり、オシャレ感を出したいならXVの方がおすすめです。

フォレスターとXVはどう違うのか?

 

結局どっちがおすすめ?

スバルの二大SUVのフォレスターとXVにスポットを当てて紹介してきました。どちらもスバルを代表する車であり、高い人気を誇っています。どちらもSUVとあって、フォレスターとXVはよく比べられます。しかし、似ている面が多く、圧倒的な違いというのは少ないです。ただ、サイズ・デザイン面では違いがあります。フォレスターの方が全幅以外大きくてゴツイため、よりオフロード車らしい仕上りとなっています。一方で、XVはどちらかと言えば、オシャレなオフロード車といった感じです。いずれにしても、どちらも魅力的であり、どっちもおすすめとなっています。そのため、自分が納得できるまで比較して、フォレスターとXVのどちらを選ぶのか決めてみてください。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ