YAZIUP CLUB会員募集中

七夕賞2017 期待の4歳馬たちに不吉なデータあり

  • 2017/07/01
  • ライフスタイル
  • 131view
  • のりき 夢丸
タグ

今年は夏に有力馬出走の傾向

今年は夏に有力馬出走の傾向があります。
かつては夏の福島開催最後を飾る重賞だったが、他場のハンデ戦とのローテ間隔を考慮されたのか、最近は2週目にいきなり登場とやや風情を削がれた感のある七夕賞。
織姫彦星伝説よろしく、7枠が強かったのは過去の話。
馬場が悪化しないので、枠順のバイアスはなくなりつつある。

今年は2歳王者サトノアレスが函館の巴賞を予定など、ローカル各地で将来の大物候補が出走するとか。
こちら福島でもこの夏飛躍を期待される2頭の若駒がスタンバイ。
それがゼーヴィント(牡4・木村厩舎)とマウントロブソン(牡4・堀厩舎)である。

 

4歳勢最右翼の2頭が福島を走る本気度とは

4歳勢最右翼の2頭が福島を走る本気度とは?
このうちゼーヴィントに関しては、ラジオNIKKEI賞勝ち、福島記念2着などがある得意コースで満を持して始動、という狙いなのはよくわかる。
対してマウントロブソンの適性は、はっきり言って未知数。
これといった小回り実績もなく、かといってそうハンデに恵まれるとも思えない。

「マウントには小倉で走った実績があるよ」という声も聞こえる。
確かに前半12番手から4角まくって3番手に押し上げ、そのまま押し切った強い内容ではあるが、とはいえやはりローカルの1勝クラスのこと。
そのまま福島コースの重賞に当てはまるほど、甘くはない。

 

やっぱり差しより先行勢では

七夕賞が福島2週目になったここ4年間の成績を見ると、好走馬のほとんどが先行タイプであることがわかる。
七夕賞が福島2週目になったここ4年間の成績を見ると、好走馬のほとんどが先行タイプであることがわかる。
それは人気の有無にほとんど関係がなく、「買うなら前目の馬から順に」は絶対条件と言ってよい。
この傾向に真っ向反対の立場なのが前述の4歳馬2頭。

→ゼーヴィント 前走AJCC1角10番手
→マウントロブソン セントライト記念でゼーヴィントに切れ負け

そこへ休み明けも手伝って「はたしてそんなにスイスイとマクッていかれるのか」不安が大きい。

昨年2番人気8着のルミナスウォリアーは前走府中で4角13番手、おととし1番人気12着のレコンダイトも、関西圏では4角10番手が指定席の馬で、小回り実績がない馬だった。

 

この2頭以外から買うならば

重賞勝ち馬の人気薄を狙え!
▼重賞勝ち馬の人気薄を狙え

人気を集める2頭以外から買える馬を探すなら、すでに実績十分の近走不振馬、これしかない。

アルバートドック
ダコール
グランデッツァ
メイショウナルト

こんなタイプが当日5、6番人気でいたら、まずは軸馬候補に。
さらに大穴なら、

▼夏のローカルで走ったことのある、全く人気のない馬

福島コースでなくてもよい。この時期調子が上がる馬といえば、小倉、札幌、そして函館で実績のある馬が、今年なぜか福島へチャレンジというケース。

ステラウインド
マデイラ
ニューダイナスティ

こんなタイプが爆穴候補だ。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ