YAZIUP CLUB会員募集中

大阪杯2017 初物G1は王道ローテで決まらない

  • 2017/03/25
  • ライフスタイル
  • 87view
  • のりき 夢丸
タグ

勝ち馬は来年以降の指針となるはず

いよいよG1昇格後、初めての大阪杯が行われます
いよいよG1昇格後、初めての大阪杯が行われる。

中山記念以外にトライアルらしいトライアルもなく、とりあえず初年度は「オールカマー」らしく、どこからでも参戦していらっしゃい、といった風情。
そのうちに古馬を4月に仕上げる手腕、ローテも確立されるだろうが、まずはどんな馬がタイトルを獲るか、興味津々の春G1開幕戦なのである。

 

過去の初物G1を振り返る

過去の初物G1を振り返ってみましょう
1984年という年は、中央競馬にグレード制が導入されると同時にレースの距離体系が整備され、
→天皇賞(秋)が2000Mに短縮
→宝塚記念がG1に格付け
という変革があった。

同じ中距離路線の変革第1回目という観点から、この84年の2レースがどんな結果をたどったのか、振り返っておこう。

▼84天皇賞(秋)府中2000M

1着 ミスターシービー1人気  前走毎日王冠2着 3冠馬
2着 テュデナムキング8人気  前走オールカマー7着、有馬記念2着、中山記念勝ち
3着 ロンググレイス牝7人気  前走京都大賞典2着、エリザベス女王杯勝ち、サンケイ大阪杯2着

→2人気カツラギエース 前走毎日王冠勝ち→5着
→3人気サンオーイ 前走毎日王冠3着→6着

▼84宝塚記念 阪神2200M

1着 カツラギエース1人気 前走サンケイ大阪杯勝ち NHK杯、京都新聞杯(2000)勝ち
2着 スズカコバン5人気 前々走サンケイ大阪杯3着→天皇賞春3着→ここ
前年宝塚記念2着
3 グローバルダイナ牝10人気 4月小倉大賞典2着→5月京阪杯2000M3着→ここ

→2、3人気ホリスキー、モンテファストは前走天皇賞春で3、1着後→惨敗。

 

王道組が軒並み苦戦

王道組が軒並み苦戦しているようです
きれいに現れた傾向としては、

▼前哨戦で好走した馬の苦戦が目立つ
▼ローテが1通りに定まっていない

ことが挙げられる。

日程ありきで4月初旬に組まれた大阪杯に、一流馬を完調で出走させようとすると、3月にひと叩きするのが理想的。
ではあるが、今のところ中山記念以外に適当な番組がなく(このへんにやっつけ感ありあり)、陣営はこれからもローテにひと苦労することが考えられる。

そのおざなりな前哨戦を好走すると、反動が残り、本番での調子落ちにつながりかねない、というのが当方の見立て。

冬に気楽な裏街道を歩ませた馬であっても、調子さえ上がれば十分に勝負になるのが新設G1の狙いどころと言えるだろう。

でなければ、小倉大賞典→京阪杯(当時)経由の牝馬がG1の宝塚記念で好走する姿はちょっと想像しがたい。

 

では、馬券の狙いはどこへ……?

▼中山記念好走組は軽視
▼ハンデ、ローカル重賞経由組に仕上げやすさの利あり
▼過去、秋天・宝塚好走馬の復活に注意

これが初回限定の大阪杯攻略法だ!

 

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ