40歳を過ぎたら赤ワインがおすすめ、という理由

  • 2016/08/08
  • ヘルスケア
  • 76view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • アンチエイジング
  • お酒
  • タバコ
  • ワイン
  • 健康
  • 健康管理
  • 美容
  • 若返り
  • 豆知識
  • 雑学

アンチエイジングは、活性酸素との戦い

人の老化は、人体を構成する細胞が酸化することによって起こります。
このとき、酸化を進めるはたらきをするのが、いまやすっかり悪役になった活性酸素。アンチエイジングは、活性酸素との戦いでもあります。

380093533

 

 

体の抗酸化システムは、40歳を過ぎるとガックリ落ちる

そんな活性酸素ですが、実はいつもいつも悪さをしているわけではありません。人間の体には抗酸化システムが生まれつき備わっていて、普通、体内にあるSODという酵素が活性酸素の毒性を消す役目をしています。
ただし、これは40歳までの話。人は20歳をピークに、あとは老化に入ると言われますが、SODは少し遅れて25歳がピーク。そして、40歳を過ぎると、ガックリ能力が衰えるのです。

 

 

赤ワインのポリフェノールは、活性酸素を徹底退治する軍団

40歳を過ぎたら白ワインではなく赤ワインがおすすめというのも、そこに理由があります。
赤ワインには、白ワインにはほとんどないポリフェノールがたっぷり含まれています。ポリフェノールとはおよそ5000種あるといわれる植物の色・苦み成分の総称ですが、赤ワインに含まれるのはそのうちの10種。それも、数あるポリフェノールの中でも最も「抗酸化力」の強いもので構成されています。そうなんです、赤ワインのポリフェノールは、活性酸素と戦い、徹底的に退治する頼もしい軍団なんですよ。

259104998

 

 

都会に生きる現代人は、いやおうなしに活性酸素をとりこむ

体内の活性酸素は、年齢だけでなく、他の要因でも増えていきます。ざっと列挙すると、大気汚染、紫外線、排気ガス、喫煙、ストレス、食品添加物、残留農薬などなど。一目見ればわかるように、現代の都会に生きる人間は、いやおうなしに活性酸素をとりこみながら生きるというわけです。
飲酒も活性酸素を増加させる原因の1つですが、毒をもって毒を制す。赤ワインで退治しようじゃありませんか。

154685816

 

 

年数を経た赤ワインは、健康増進の印

赤ワインに含まれるポリフェノールは、もともと原料であるブドウの皮や種、果肉に含まれていたものです。これらのポリフェノールは、赤ワインを熟成させればさせるほど多く溶け出していき、新たなポリフェノールを作りだします。
ワインは、瓶詰めされてのちも熟成を続けます。製造されて少し年数を経た赤ワインは、健康増進の強い味方です。

411044287

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • アンチエイジング
  • お酒
  • タバコ
  • ワイン
  • 健康
  • 健康管理
  • 美容
  • 若返り
  • 豆知識
  • 雑学

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ