超高額配当が当たったら税金は支払っておこう

  • 2016/11/05
  • ギャンブル
  • 35view
  • のりき 夢丸
タグ

ごく普通のまじめな公務員が手にした「4億円」事件

222504601

先日、元公務員の男性が競馬のWIN5などで総額4億円を超える配当を得ながら、所得として申告していなかったため、追徴課税されたというニュースがあった。
世の馬好きにとってはある意味夢のある話で結構なのだが、やはり祭りの後始末は速やかにしておくべきなのだろう。

その瞬間は、だれにでも、突然、たった3分でやってくる。
次の日からどう行動すべきか、知っておいて損はない。

 

そもそも当たり馬券はどう処理すべきか

228440362

馬券の高額配当については、以前からいくつか裁判にもなっているから、法律上どう扱うべきか、一般にもよく知られるようになった。

かいつまんでいうと、
▼馬券の購入費用(経費)→よく裁判で争われる
▼控除(50万円まで)
この2つを差し引いた上で、残った金額の「半分」が課税対象となるそうで、今回の男性のケースでは、1億6千万円ほどと計算される。

普段サラリーマンとして働いている人も、年末にこれを「一時所得」として別途申告が必要になる。

次の年からは、暮らし向きも各種税金も相当「ジャンプアップ」するはずだが。

 

税務署はどうやって察知したのか

132707831

これぞ「ゲスの勘ぐり」ではあるが、庶民が一番知りたいのは「税務署はどうやって我々の高額所得を感知するのか」だろう。

一時所得は競馬に限らない。
言わないでおきたい臨時ボーナスのたぐいなど、山ほど考えられる。

が、今回の競馬のケースではとくに、「配当をもたらしたイベントが目立ちすぎた」という声もある。
男性は4億円の大部分をWIN5で獲得しており、うち1回に至っては当時の最高配当近くを射止めているようだ。
これは、当然ニュースになる。
ニュースは、ちまたにも、役所にも広まる。
そして「査察」が動き出す、という構図なのだろうか。

もうひとつは、WIN5の支払いが直接個人の銀行口座に振り込まれるという点だ。
これ以上は想像の域を出ないが、JRAだってお役所。配当こそ粛々と払うものの、「税金はしっかり取るよ」とばかり、税務署に通報を……ということも、考えられなくはない。

なんつっても国のやること。のこのこ税金未払いを放置しないだろうし。

 

わかりきった教訓を再び胸に刻め

238348522

「馬券で夢を見たら後始末はキチンとしよう」
これが全てである。

抜け道を探すより、堂々と払うものは払って、お天道さまの下を歩きましょう。
「ガサ入れでつぶれた会社はない」byマルサの女
そういう人は、また馬券当たるんだから。
はぁ、いとうらやまし。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ