新潟記念2016 春から活躍の1番人気馬は夏バテ寸前! 大穴は「東京経由」組だ

  • 2016/08/27
  • ギャンブル
  • 507view
  • のりき 夢丸
タグ

サマー2000シリーズの行方が決まる夏の新潟総決算

432987976

せっかく盛り上がっているところを申し訳ないが、どの陣営もサマー2000はおまけ扱い。狙って獲れる訳もなし、コツコツ着に入っていたほうがまだ堅実。
ゆえに、この新潟が夏2戦目、3戦目というご苦労な馬も出てくるのだが、そうは問屋が卸さない。
この重賞での禁句ワードは、ずばり「使いすぎ」。
あくまでフレッシュな夏馬だけが狙いどころとなる。
そうでなければ、こんなに1番人気が毎年討ち死にするはずがないのだ。

 

 

人気になるその「理由」を分析せよ

387635320

ここ10年で1番人気の勝利は一昨年の1回のみ。あとは3着にすら入っていない。
競馬で人気になる理由といえば、「格上と思われる実績」「前走で好走」「ハンディキャッパーに見込まれた」くらいだろうが、ここではそのどれもが消し材料となる。
つまり、
「春競馬でG1かそのトライアルG2に出走した」
「前走で同じG3重賞で連対した」
「まだ若いがハンデ56キロ以上」
「春から休みなく使われている」

こんな1番人気馬たちは、即刻ブッた切ってよい。

 

 

穴馬に共通するある「裏ローテ」とは?

431349118

ではどんな馬が穴を出すのか。
過去10年で10番人気以下で馬券に絡んだ馬は、最低人気で勝ったアルコセニョーラなど7頭。
その馬たちの春からのローテを調べると、

▼東京春条件戦を3戦→新潟勝ち→ここ
▼東京春OP勝ち→巴賞→函館記念→ここ
▼阪神春G3→函館記念→クイーンS→ここ
▼東京春OP→ぶっつけでここ

もちろん、G1は使っていない。

春の最終開催を使っておいて、少し休んでここに挑戦した馬と、春競馬→北海道シリーズで全く振るわなかった馬が余力残しでここを走るケースの2通りが面白い。
とくに新潟コースが左回りだから、春の東京経由組は特注ものだ。

ちなみにこれ以外だと「休み明け2戦目の重賞勝ち馬」も好成績。
これはおととし1番人気で唯一勝っているマーティンボロにも該当する。

 

 

サマー2000チャンピオンを本気で狙う陣営はない

318004343

キャンペーンというものは、お上が音頭をとって下々を踊らせるもの。
実際、夏の初めから自発的に「よーし、今年はチャンピオンを狙うぞ!」という奇特な厩舎はほとんどない。
よって、サマー2000の行方がこの馬の動向次第で決まる、という馬がもし出走してきても、基本的には「消し」スタンスでよい。
夏に重賞2戦を勝ち負けレベルに仕上げるのは、至難の業。
それは過去の消えた1番人気馬たちが証明してくれている。

馬主に3200万、厩舎に800万ばかりの賞金じゃあ、仮に馬がダメになったら元も取れなかろう。
新聞の提灯記事に踊らされないことだ。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ