菊花賞2017 ダービー馬のいない菊ばかりが続きて候

  • 2017/10/15
  • ライフスタイル・娯楽
  • 216view
  • のりき 夢丸
タグ

ダービーとの相性最悪な3冠最終戦

最近の菊花賞6回のうち5回でダービー馬が出走せず、なんとか出走できたワンアンドオンリーが今やあの姿になってしまっては、3冠タイトルの意義が問われ、または3冠馬の偉業が改めてクローズアップされる今日この頃。
現代競馬からはハッキリ「異端」の烙印を押された伝統の長距離G1ではあるが、これが3冠ロードだといわれるうちは、馬も、ファンも、黙ってつき合っていかなければならない「運命」である。

 

狙えるローテは3つだけ

狙えるローテは3つだけ
空き巣とはいえ、痩せても枯れてもそこはG1戦。
「キミはいったいどこから突っ込んできた!」という馬の激走は少なくなり、ローテ的には3パターンに絞られる。

▼ダービー1桁着順→トライアル権利取り
▼夏の長距離条件戦勝ち→トライアル権利取り
▼秋の長距離条件戦勝ち

つまり、どんな理由があっても「前走で好走していなければ」菊を獲る資格はない。
馬券はこれに該当する馬のうち、その年もっとも人気のない馬から狙うのがいい。

怖いのは、本当に生涯でここしか走らない馬たちの激走があること。
13年3着ユウキソルジャー→その後水沢競馬へ転籍
10年1着ビッグウィーク→その後障害へ転向

菊の舞台だけ光る「悲しい定め」の馬を探すべく、馬柱の隅から隅まで、穴が空くまで眺めて欲しい。

 

血統的な狙いはなくなってしまったのか

血統的な狙いはなくなってしまったのか
菊花賞といえば血統博士がお出ましする舞台。
以前なら「祖先にリアルシャダイ」「母父ブライアンズタイム」など数々の血統格言があったはずなのだが、なにしろ

▼母父バクシンオーのキタサンブラックに走られ
▼エアスピネル、リアルスティール、トーセンラーはその後マイラーから中距離指向

だけに…。今は逆に言うなら、

▼サンデーの血が入ってない馬の頭はない

くらい、サンデー系との相性は抜群だ。

たとえ父がバゴであっても母父はサンデーだったビッグウィークを筆頭に、頭を獲りたいならどこかに「サンデーの血」を持っていなければならない。
ゴールドアクター、スカイディグニティ、ロックドゥカンブなど、いかにも狙いたい「非サンデー系・菊の刺客」は毎年出てくるが、残念ながらここでは善戦止まりと考えたい。

 

今年のメンバーで面白いのは…

今年のメンバーで面白いのは…
どうせなら大穴っぽいところで
▼マイネルヴンシュ(父ステイゴールド、水野貴広厩舎)
を挙げておく。

先月中山の九十九里特別を勝ち、賞金順で出走可能とのこと。
血統的に大変面白い構成をしており、一見してノーザンダンサーやヘイルトゥリーズンのクロスがびっしりに見えるが、実は
→サンデーの父方
→ゴールデンサッシュの母方
→ダンシングブレーヴの母方
→マイネシャローナの母方
はすべて遺伝的に無効であり、5代までのクロスはきれいに消滅する。

さらに自身の毛色から母父コマンダーインチーフの血を引くことがわかる(父方は黒鹿毛系)ので、スタミナもばっちり。ひと雨来ればそれはもうウハウハの大勝負だ!

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。 競馬血統ブログ「ほぼ毎週競馬ナビ」にて執筆中。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ