YAZIUP CLUB会員募集中

「留置場」「拘置所」「刑務所」、ゴーン氏が収容されているのは、どこでしょう?

  • 2019/01/09
  • ライフスタイル・娯楽
  • 61view
  • アントニオ犬助
タグ

ゴーン氏がいるのは、留置場ではなく「拘置所」

ゴーン氏がいるのは、留置場ではなく「拘置所」
日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン氏、容疑を認めようとしませんね。
拘留は伸びに伸びて、1月11日までになったとか。クリスマスに続いて新年まで、拘置所内で過ごしているゴーン氏、少々気の毒な気がしてしまいます。年越しそばやおせち料理は、供されたのでしょうかね。

と、ここで間違えてはいけないのはゴーン氏がいるのは「拘置所」というところ。
私、アントニオ犬助は警察に捕まって取り調べ中の人が入るところは「留置場」だと理解していました。でも、ゴーン氏がとらわれているのは拘置所。
では、拘置所と留置場、そして刑務所はどう違うのでしょうか?

 

拘置所に入れられたのは、東京地検に逮捕されたから

警察に逮捕された場合に収容されるのは「留置場」、警察署内に設けられた施設で、被疑者として取り調べを受けます。その後、検察に起訴されると容疑者となり「拘置所」に身柄が移されるというのが、本来の筋道です。

しかし多くのケースでは、拘置所にいくことなく留置場から保釈されるもの。
覚せい剤で捕まった芸能人が、留置所がある警察署の前で、深々と頭を下げているシーンを覚えている人も多いことでしょう。
これが犬助が「捕まった人間が入るところ=留置場」と勘違いしていた理由です。

多くのケースで拘置所行きがない理由は、全国に1,100以上ある留置場に対して、拘置所は全国に110カ所ほどしかないから。数が少ないので、容疑者全てを拘置所に送ることができないからです。

一方でゴーン市の場合は留置場にいくことなく、直接拘置所に入っている。
この理由は「東京地検特捜部」に逮捕されているから。法務省に配属されている検察に捕まっているから、法務省が管轄している拘置所に直接収容されたのです。

 

拘置所、留置場にあって、刑務所にはないのは「自由」

さて拘置所も留置場も、逮捕された人が入る場所とはいえ、裁判で有罪の判決が下されてはいません。もちろん不起訴ということもあり得ますから、起床や就寝、運動、入浴の時間が決められているとはいえ、生活の自由は許されているもの。
留置所では服装もほぼ自由ですし、ラジオを聞いたり、本を読んだりすることもできる。お菓子や日用品を自分で購入することもできれば、差し入れの制限もゆるいもの。ゴーン氏の元にも、年越しそばやおせち料理が差し入れられているかもしれません。

一方で留置場は、警察署に付属する施設だけに充分な設備が整っていないもの。それだけに拘置所ほど快適ではないとはいえ、こちらも自由はあるといいます。

しかし刑務所となると、もう大変。受刑者を拘束して自由を奪うことが、主目的になっている施設ですから、自由など全くありません。まあ、当然ですけれどね。

 

いずれ返還される(はずである)のが、保釈金

拘留が続くゴーン氏なのですが、昨年末に保釈されたのが側近のケリー氏。7,000万円を支払うことで、保釈が認められたのですが、この「保釈金」とは一体何でしょうか?

その前に理解しておきたいのは「保釈」について。
保釈とは自由の身になったということではない、つまり釈放されたということではありません。拘置所内にいるのと同じで裁判の開始を待つ身、呼び出しを受けたならば速やかに出頭する必要があります。

そして保釈金とは、保釈中に逃亡するのを妨げるために一時預かりとなるお金のこと。罰金ではありませんから、後々返ってくるお金です。しかし、刑が確定して執行のために呼び出されたにもかかわらず、出頭しなかったり逃亡してしまった場合には、保釈金の一部、もしくは全額が返還されないというケースもあるとのことです。

ということで普通に生活していれば、一生縁がないであろう、留置所、拘置所、刑務所についてでした。ちなみに酔っ払って暴れて警察のお世話になった、こんな場合に一時収容される警察署の施設は「保護室」となります。
今年一年、これらに縁のない穏やかな日々を送りたいものですね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ