YAZIUP CLUB会員募集中

40代以上のダイエットはメリハリが大切?平日ダイエット!

  • 2018/06/28
  • ボディメイク
  • 63view
  • 加藤薩樹
タグ

オヤジのダイエットが成功しない一番の理由

オヤジのダイエットが成功しない一番の理由

人生経験も豊かで健康問題にも人一倍関心が高いオヤジ世代は、ダイエットやボディメイクに対するモチベーションは本来、十分に持ち合わせていると言ってよいでしょう。

では、なぜダイエットが上手くすすまないオヤジが多いのか。それは「他の世代や女性に対してダイエットの邪魔が多い」からです。

オヤジにもし自由な時間を1年間プレゼントすれば、おそらくダイエットの成功率は90%以上にもなるでしょう。ですが、現実には家族やその他のプライベートな用事に追われ、仕事以外の時間もダイエットや筋トレになかなか労力を避けないという事情があるのです。

そこで今回はある意味、「開き直りのダイエット」として「平日ダイエット」をご紹介したいと思います。

なんだか地味なネーミングですが、この平日ダイエットならオンとオフの切り替えもバッチリですし家族と一家団欒の時間も確保できます。しかもダイエットの進め方をキチッと事前にスケジューリングしやすいのでストレスにもならないのです。

 

週末は自由に!楽しく!過ごそう!

週末は自由に!楽しく!過ごそう!

平日ダイエットとはその名の通り、月曜日から金曜日の間だけ頑張るダイエット方法。逆に言えば、週末はかなり自由に過ごすことができるのです。

週末につい食べ過ぎたり、飲みすぎたりする人は多いと思います。そしてその都度、罪悪感に襲われるとともに、せっかく順調に進んでいたダイエットも頓挫してしまうのです。

そこで、週末は予め「食生活が乱れる事」を前提としてスケジューリングしておきます。これなら家族や親戚、あるいは趣味や友人たちとの集まりで酒を飲んだりハイカロリーな物を食べても問題はありません。

ダイエットやボディメイクにも息抜きは必要です。適度に気持ちをほぐすからこそダイエットが長続きするのです。

息抜きまで計画の範疇に入れておく事こそ、オヤジがダイエットに成功するためのコツと言えるでしょう。

 

平日は心を無にする

平日は心を無にする

平日ダイエットは毎日、同じようなルーティンで仕事をしている人には特におすすめできます。朝食・昼食夕食。そして間食のタイミングを毎回ほぼ同じにできるのであれば平日ダイエットを行う環境としては完璧と言えるでしょう。

平日は食に対する喜びや嬉しさを完全に無にし、食べることをあくまでも「作業」と認識するのが平日ダイエットのコツです。風呂や歯磨き、用便のように面倒くさいけどしなければならない事、として食事を認識するのです。食事が楽しむためのレクリエーションだと勝手に決めつけるをやめてしまおうというわけです。

もちろん口にして苦痛に感じるものを無理やり食べる必要はありません。ただ、美味しさや快楽を目的として食事をするのを平日においてはやめるというだけの話です。

必要な栄養素とカロリー量を計算し、そのために食べるべきものだけを単純に食べる。週末になれば自由気ままに食事をとれるのですから我慢我慢。

平日の食事量としては目標体重×25kcalが基準です。身長170センチで体重60kgになりたい人は一日1500kcalで過ごします。タンパク質量は目標体重×2gなので120g摂るようにしましょう。

 

ダイエットが終わった後の過ごし方

ダイエットが終わった後の過ごし方

平日ダイエットはおよそ3ヶ月~半年で終了します。よほど週末に馬鹿食いしない限りはじめの一ヶ月でだいたい3kg。最後の一ヶ月でも1kg以上は体脂肪をカットできるでしょう。頑張れば10kg程度の減量は達成できるはずです。

では、ダイエットが終わった後はどのような食生活にするのが良いのでしょうか。ある程度長い期間、体型を維持できるようなコツを紹介しましょう。

まず、平日における栄養やカロリー量の計算は継続しておくことをおすすめします。体重の変化に対して摂取カロリーの変化を知ることで早め早めに手を打つことが可能となるからです。

また、筋トレを継続的に実施することも強く推奨されます。筋肉を増やすことで代謝を上げ、太りにくい体を作ることができるからです。

筋肉が1kg増えれば一日の消費カロリーが50kcal増加します。つまり3kgなら150kcal。一ヶ月では4500kcalとなり年間では54000kcalにもなります。これは体脂肪換算で7kg以上。これだけ消費カロリーが増えればそうは簡単に醜い体にはならないでしょう。

その他、脂質は朝から夜に向かって少しずつ摂取量を増やし、逆に糖質は朝から夜に向かって量を減らしていくのも良い方法となります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ