スラックスのアイロンがけは男の甲斐性なり

  • 2016/08/24
  • ファッション
  • 100view
  • YAZIUP運営
タグ
  • スーツ/ネクタイ
  • スーツ
  • ビジネス
  • ビジネスマン
  • ファッション
  • ファッションマナー
  • 暮らし
  • 清潔感
  • 身だしなみ

スーツのクリーニングし過ぎに注意

平日は、毎日着るスーツ。手持ちの数着をかわるがわる着ても、動けばシワがよります、汗がしみこむこともあります。服だって疲労しますから、経年変化も無視できないですね。
ということで、必然的にクリーニング店のお世話になることになるわけですが、ここでちょっと待った。神経質になるあまり、スーツを頻繁にクリーニングに出していませんか。回数が多すぎやしませんか。
結論からいうと、スーツのクリーニングは「シーズンに一度」で充分です。

164766650

 

 

クリーニングは少なければ少ないほどいい

スーツの多くはウール生地で作られています。ウールとは羊毛。羊毛はかなりの脂分を含んでいます。
クリーニングは、その脂分を抜き取るはたらきをします。頻繁なクリーニングは脂分をどんどん落とし、スーツの色落ちや傷みの原因になります。よかれと思ってこまめにクリーニングに出したら、スーツがひどくくたびれた格好に――そんな悲しい結果は避けたいもの。クリーニングは少なければ少ないほどいい。これが鉄則です。

 

 

アイロンがけでセンターラインを守る

しかし、そうは言っても、汚れやシワをそのままにしておいていいわけはありません。スーツを着用したあとは、ジャケットにもスラックスにも必ずブラッシング。埃を丁寧にとりましょう。
もうひとつ、気になるのが、スラックスのセンターライン(折り目)ですね。スーツを数回着れば、センターラインは少しずつ消えていきます。帰宅して部屋着に着替える際は、その点をチェック。ラインがぼんやりしてきたなと思ったら、必ずアイロンがけをしましょう。

366757031

 

 

アイロンがけは男の甲斐性

え、アイロンがけなんてしたことない? それは困りましたねえ。奥さん任せでもいいですが、スーツのスラックスについては、女性の日常着や子供の通学服とは違う注意点があります。生地が光るのを防ぐということです。
そのためには、アイロンは履いたときに内側になる部分に当てるようにします。アイロンを度重ねて当てれば、多少のてかりはつきもの。それを目立たせなくするため、内側にあてるのです。
内側を表にしてアイロン台にひろげたら、まずはアイロンを折り目にぎゅっと押し当て、力を抜いて外側へとすべらせます。反対側のラインも同じ。内から外へというのが基本ルールです。
これを脚の付け根のあたりまで繰り返せば、アイロンがけは完了。ヒップにはかけません。
面倒なようですが、一度やってみてください。意外に楽しい作業ですよ。

311055749

 

 

完全に消えたら、プロに任せる

最後に注意を1つ。毎日のチェックを怠った結果、センターラインが完全に消えてしまっているのに気付くことがあります。このときは、自分でアイロンがけをしてはいけません。完全に消えたラインを復活させるのは素人には難しいワザなので、ここはクリーニングに出します。
このとき、出すのはスラックスだけでなく、ジャケットも一緒に。スラックスだけを頻繁にクリーニングに出すと、生地の色合いや風合いに差が出て来てしまうからです。

この記事につけられたタグ

  • スーツ/ネクタイ
  • スーツ
  • ビジネス
  • ビジネスマン
  • ファッション
  • ファッションマナー
  • 暮らし
  • 清潔感
  • 身だしなみ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ