YAZIUP CLUB会員募集中

脚にカットを彫り込め!レッグエクステンション・マシンを極めよう

  • 2017/08/01
  • ボディメイク
  • 82view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 筋トレ
  • トレーニング
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 肉体改造
  • 身体

どんなジムにでもあるレッグエクステンションマシン

どんなジムにでもあるレッグエクステンションマシン

ジムに必ずあるマシンといえば何を思い浮かべますか?チェストプレスマシンでしょうか。それともラットプルダウン?ケーブルクロスオーバーは置いてないジムも結構ありますよね。スミスマシンも公共系のジムにはほとんど設置されていないと思います。

おそらくほとんどのジムに確実に置いてあるマシンといえば「レッグエクステンションマシン」でしょう。椅子に腰掛けるようにして座り、足の甲側にパットを当て、膝を伸ばそうとする際に大腿四頭筋(太もも前側)に負荷が乗るトレーニングマシンです。

今回はこのレッグエクステンションマシンにスポットをあて、脚部に深い深いカッコイイカットを彫り込むためのトレーニングテクニックについて解説していきます。

ありきたりなマシンですが、大腿四頭筋をピンポイントに刺激するにはこれ以上無い程有効な種目なのです。

 

レッグエクステンションマシンの効果的な使い方

レッグエクステンションマシンの効果的な使い方

レッグエクステンションは座って膝を曲げ伸ばしするだけという簡単な動作ですからどうも漫然と、なんとなくトレーニングしている人が多いような気がします。そこで、レッグエクステンションマシンを効果的に使うために、以下の点に気をつけてみてください。

まず、やや軽いかなと感じるくらいの重量に設定し、膝をピシッと伸ばします。そして、ここからが重要です。「約2センチずつ、一旦停止しながら足を曲げていく」のです。

静止するごとに、少しずつ負荷が乗る場所が変化しながら強烈に刺激が入るのは分かるはずです。レッグエクステンションは膝を伸ばす時に思いっきり力を入れ、その後脱力したように足を戻してしまう人が多いのですが、このやり方はその全くの逆と言えます。

足に深い、見栄えのするカットを入れるためにはこのような丁寧なトレーニング方法が不可欠です。全体のサイズだけを追求してもボワーンとなんとなく野暮ったい脚にしかなりません。

大腿四頭筋はいくつかの長い筋肉が絡み合うようにして構成されていますから、このように強制的に部分分けしながら刺激する方法がとても有効なのです。

 

スクワットが出来ない時も大活躍

スクワットが出来ない時も大活躍

レッグエクステンションは様々な理由でバーベルを担いでのスクワットができない時にも役立ちます。筆者個人の場合ですがスクワットをする際、高重量のバーベルを担ぐとバーのあたる三角筋後部の皮が擦り剥けてしまうことがあります。通常は無視してもよいのですが、コンテスト前となるとそういうわけにはいきません。可能な限り傷のないピカピカのコンディションでいたいこの時期には、スクワットはなかなか実施しにくいのです。

また、腰に疲労が溜まっていたり痛みがある際にもスクワットは行えませんね。こういう場合にレッグエクステンションはとても役立つのです。

レッグエクステンションは大腿四頭筋を狙い撃ちするアイソレート系の種目ですから、臀筋やハムストリングスを同時に鍛えることはできません。しかし、大腿四頭筋自体が相当大きな筋肉ですから消費カロリー的にも稼ぎやすいのです。
おそらくアイソレート系種目として一番消費カロリーが大きいのがレッグエクステンションでしょう。

脚のトレーニング日には必ずレッグエクステンションを取り入れてください。スクワットだけで終わってしまうのはもったいなさ過ぎます。

最近では家庭用のインクラインベンチにアタッチメントとして取り付けるタイプのレッグエクステンションマシンも登場しています。値段もそれほど高くないようですから是非チェックしてみてくださいね。

この記事につけられたタグ

  • 筋トレ
  • トレーニング
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 肉体改造
  • 身体

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ