ゴルフの打ちっぱなしで恥をかかないためにするべき4つのこと

  • 2018/07/15
  • ライフスタイル・娯楽
  • 164view
  • YAZIUP運営
タグ
  • スポーツ
  • ゴルフ
  • スポーツ
  • マナー
  • 身だしなみ

似て非なる面もあるゴルフ場と練習場

似て非なる面もあるゴルフ場と練習場
ゴルフ場であれば、紳士の社交場だとばかりにファッションも決めてマナーもしっかりしなくてはならないだろうとは割と誰でも思うことです。
しかし、練習場ではそこまでの思いに至らなかったりもしがちでしょう。
またゴルフ場でしっかりマナーは身に着けているからと思っていても、練習場でしかない場面もあります。
それ相応に対処しないとせっかくの紳士ぶりも台無しになることだってあるのです。

・練習場だからこそのマナーも求められる
練習場では服装こそある程度はラフにしてもかまいませんが、マナーについてはゴルフ場のマナーに準じておくべきでしょう。
でもそれだけでも十分ではありません。
練習場ではゴルフ場と違って、他人が隣接してプレイしているところに最大の違いがあるのです。

 

練習場での心掛け

練習場での心掛け
・静かにする
普通に打ちっぱなしに行ってみればわかりますが、皆さん淡々とボールを打っていてクラブが空気を切る音とボールが飛ばされる音しか聞こえないものです。
それも一人で練習しているからと思ってはいけません。
ゴルフ仲間と練習に行くとついつい「今のスイングはあーだこーだ」と論議が盛り上がったりしてもおかしくはありません。
しかし、周囲の人には練習を妨げる騒音でしか無いのです。
むしろ、練習中だからこそ妨げになるようなことはして欲しくなかったりもします。
本番のゴルフ場では遊び感覚でヘラヘラとプレイをしていても、練習は黙々と集中していたかったりするのです。
携帯電話の電源も切っておくべきですし、もしも会話をする場合は場所を移動するべきです。

・クラブを拾いに行かない
関係ないかとも思われますが、スイング後にクラブがすっぽ抜けてボールと一緒に飛んでしまったりすることも有り得ます。
この際、恥ずかしさもあってか慌ててクラブを拾いに行くことも考えられます。
しかし、これはボールの飛び交う中に身をさらすのですから、とても危険なことです。
それにクラブを放り投げた自分の姿をしっかり周囲にチェックされてしまい、かえって目立ってしまいます。
それよりもスタッフにその旨、連絡をして拾いに行ってもらうのが賢明です。

・知らない人に教えない教えられない
打ちっぱなしには初心者も多く、明らかに自分より腕の劣る人もたくさん練習に来ていたりするのも良くわかります。
そこで親切とばかりにあちこちとコーチをしたがりたくなることもあります。
軽い気持ちで一言声をかければ、言われた人も納得して感謝されることも良くあるものです。
ここで止めていればいいものを、拍車をかけてあれもこれもとコーチばりになってしまうのは厳禁です。
また、逆に知らない人からコーチをされることもあるかもしれません。
この時、変に盛り上がってしまうとますます助長させてしまい、周囲の人からもいぶかしく見られてしまいます。
相手の機嫌を損ねない程度に軽く流して済ませておくか、しつこかったらしっかりお断りをしてしまいましょう。

 

最も気になるのが服装

最も気になるのが服装
身の振る舞いについての心掛けは一時の恥で済みますが、服装だけは急に着替えられる訳でもありませんので準備を怠らないようにしましょう。

・革靴はNG
仕事帰りにストレス解消を兼ねて打ちっぱなしと言うシチュエーションもありそうですが、いくら練習だからとしても革靴のままではいけません。
ゴルフシューズが感覚をつかむ意味でもベストなのですが、そこまでしなくてもスニーカーには履き替えておきましょう。
最悪の場合、滑って転んでしまうことだってあるのです。

・肌着はNG
同じく仕事帰りに立ち寄った際、上着だけを脱いでワイシャツで練習しようとすることがありますが、これが動きづらかったりもします。
そこでワイシャツも脱いで肌着で練習するのはNGです。
これを防ぐには、肌着の上に軽く着られるポロシャツの一枚でも用意しておくことです。
夏場などでは暑いからとTシャツ一枚になるのもすすめられません。

 

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ