YAZIUP CLUB会員募集中

年収600万円以上を稼いでいる人は300万円以下の人と何が違う?

  • 2019/05/10
  • ビジネス
  • 203view
  • 松村 昴
タグ
  • マネー
  • お金
  • キャリア
  • ビジネスマン
  • マネー
  • 仕事
  • 年収
  • 悩み

年収についての悩み

年収についての悩み
なかなか景気が上向かず、給与も厳しい方も多いのではないでしょうか。年収が低く悩んでいる方もいることでしょう。実際に、年収300万円以下というサラリーマンがとても多いのが現実です。しかし、そんな時代の中でも年収600万円以上を稼いでいる人も大勢います。

そこで気になるのが、年収600万円以上を稼いでいる人と年収300万円以下の人との違いについてです。違いがわかれば、「年収がなかなか伸びない」という悩みを解決するヒントになります。今回は、年収600万円以上を稼いでいる人と年収300万円以下の人の違いについて紹介していきます。

 

キャリアビジョンの違い!

大きな違いの1つが、キャリアビジョンの違いです。キャリアビジョンとは、仕事において自分自身の将来的なイメージを指しています。年収300万円以下の方は、明確なキャリアビジョンを持っていないケースが多いです。

それに反して、年収600万円以上を稼いでいる人はキャリアビジョンを明確に持っている方が多いです。キャリアビジョンを持っているのかどうかは、ビジネスマンにとって大きな違いとなっています。

キャリアビジョンを持っていない場合、「なんとなく頑張る」という具合になってしまうでしょう。しかし、キャリアビジョンを持っていれば、「将来に向かって頑張る」ため方向性がわかっています。その結果、昇進につながって年収アップにつながっているのです。

 

SNSの活用が違う!

SNSの活用でも、年収600万円以上を稼いでいる人と年収300万円以下の人では違いがあります。高年収の人ほど、SNSでの友達が多い傾向があります。そして、SNSからもビジネスにつなげている方が多いです。

高年収の人ほどSNSから情報を収集したり、SNSで人脈を広げたりしています。どんなモノでもビジネスにつなげるという姿勢が、高年収につながっているのです。

 

時間の使い方が違う!

どんな人であっても、1日は24時間で平等となっています。しかし、年収の高い人と低い人では使い方が違います。年収の低い人は無駄な時間を使う方が多く、年収の高い人ほど上手に時間を使う方が多いです。

年収600万円以上を稼いでいるような方は、時間の使い方を知っています。やるべきことに優先順位をつけ、最大限に時間を有効活用するのです。効率的に時間を使うことで、最高のパフォーマンスを発揮することができます。

時間で言えば、年収の高い人ほどオンオフにメリハリをつけています。仕事とプライベートをしっかり区別することで、充実した時間を過ごすことができ、仕事に好影響を与えることができるのです。

 

向上心が違う!

年収の高い人ほど、向上心が高い傾向にあります。逆に、年収の低い人ほど現状に満足してしまう方が多いです。向上心が高いビジネスマンは、現状に満足せずに貪欲に色々なことを学び、試行錯誤を繰り返していきます。

その結果、仕事で好成績を残すことができ、出世につなげることができて年収が高いのです。年収600万円以上を稼いでいる人は、向上心が高い方が多いのです。現状に甘んじるのではなく、高い向上心を持ち続けることがポイントとなっています。

 

考え方や行動が違う!

年収600万円以上を稼いでいる人と年収300万円以下の人とでは、考え方や行動が違います。具体的に言えば、「キャリアビジョン」「SNSの活用」「時間の使い方」「向上心」です。

年収が高い方はキャリアビジョンを持って行動し、SNSをビジネスに活かします。そして、時間の使い方が上手、現状に満足せず向上心が強いです。年収600万円以上稼ぎたいなら、これらの4つの考え方や行動がポイントになります。

給与がなかなか増えず、年収300万円以下という現状に悩んでいる方もいることでしょう。そんな方は、年収600万円以上を稼いでいる人と年収300万円以下の人の違いをヒントに考え方や行動を変えてみてください。

この記事につけられたタグ

  • マネー
  • お金
  • キャリア
  • ビジネスマン
  • マネー
  • 仕事
  • 年収
  • 悩み

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ