記事制作方針ガイドライン

女性の体が求めているセックスと一生忘れないセックス

  • 2017/04/15
  • モテ
  • 313view
  • YAZIUP運営
タグ

男性本位のセックスは女性をサンドバッグにしている

男性本位のセックスは女性をサンドバッグにしているも同義です

セックスのピストンは、女性の体にパンチを打ち込んでいるようなものです。必死に打ち込めば打ち込むほど、女性の体は壊れてしまいます。とくに、子宮を突くような行為をすると、女性はセックスのあと、2~3日は痛みや吐き気と戦うことになりますし、ときに出血に悩むこともあります。なぜかAVでは奥を突けば女性が喜ぶかのような表現を使っていますが、気持ちいいのは女性ではなく男性ではありませんでしょうか。

では、どこが感じやすいか(気持ちいいか)、といえば、膣の入口付近と覚えてください。男性にとっては、あまり面白くないセックスとなるかもしれません。また、奥を突く行為以上にテクニックを要します。正直、面倒で疲れることかと思いますが、自分だけが楽しめるセックスを早く卒業する必要があります。セックスが淡白だと自覚している男性も、自分だけが楽しむセックスとなっているので要注意です。

 

シビアにセックスを評価する女性

女性はセックスをシビアに評価しています

この人は私を喜ばせるためのセックスをしているのか、それとも自分が気持ち良くなるためのセックスをしているのか、女性はセックスが始まって、すぐにそれを感じとります。女性を気持ち良くするためのセックスを知っている女性であれば、男性が男性本位のセックスを始めた途端に気持ちが冷めてしまいます。

このとき、女性の対応とすれば、男性を早くイかせて、セックスから解放されたいと思うのか、一切動かず、感じている演技もそこそこに留め、過去の印象に残るセックスシーンを思い浮かべているかもしれません。女性にとって、楽しくも面白くもない時間です。

 

腰は縦ではなく斜め横に振れ

腰は縦ではなく斜め横に振れ

大抵の女性は、腰を縦に振る男性としかセックスをしたことがありません。ですから、斜め横に振る男性に出会うと、今までにない快楽を得ることができます。このセックスを覚えた女性であれば、1度だけではなく2度、3度と繰り返し抱いてもらいたいと思うことでしょう。

斜め横に腰を振るということは、要するに、奥を突くのではなく、膣の入口付近からGスポットを攻めるということです。男性にとっては満足度の低いセックスになりますが、女性の体が軽く痙攣をしたときを見計らって、男性自身が楽しめるセックスを展開すると、女性の満足度も下がりにくくなります。

 

質の良いセックスは一生忘れない

女性を満足させるセックスを提供し続けた男性は、女性の心に残ります

二人の関係が終わった後であっても、女性を満足させるセックスを提供し続けた男性は、女性の心に残ります。「あの人とであれば、もう一度セックスしたい」といった会話も女子会の中で聞くことがあります。男性にとっての満足度の高いセックスと女性にとっての満足度の高いセックスは異なるので、男性側からみればセックスの評価も当然変わりますが、少なくともセックスに関する記事を読んでいる貴方であれば、女性に満足してもらいたいという気持ちがあるかと思います。女性にとって一生忘れないようなセックスを与えてみませんか。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ