YAZIUP CLUB会員募集中

大きな声で言えないけど「●●の栽培」にハマってるwww近々売る予定だけど大丈夫かな俺www

  • 2018/06/29
  • ライフスタイル・娯楽
  • 47view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • インスタ
  • ガーデニング
  • 流行
  • 趣味

マニアックかもしれないけど結構楽しい趣味

マニアックかもしれないけど結構楽しい趣味
なにかを栽培する趣味といえばガーデニングがありますが、盆栽を嗜んでいる渋いオヤジもいますよね。
でも、今回ご紹介したいのは、ガーデニングでも盆栽でもない、アレです。
楽しみ方や売り方(!?)もあわせてご紹介しますので、無趣味なオヤジはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

アレの栽培が楽しすぎる件

お笑い芸人のアンガールズ田中さんは、東海テレビ番組「バナナハイスクール」にて、アレを栽培していると公表したことがあります。
田中さんはブログでも「かなり成長してきました!」「どんどん伸びてます」と報告するほど熱心に育てる他、「京都で素晴らしい●●の庭をみました」と、鑑賞もお好きな模様です。
ちょっぴりマニアックな趣味ですが、男女問わずトリコになる人が続出中とのことで、密かなブームになっているといいます。

そのアレとは……「苔(コケ)」です。

「苔って、岩とか木に生えている緑のやつ?」
そうです。その苔を育てるのです!

「そんなこといって、俺をコケにしやがって!」
なんて怒らずに、あなたも苔の魅力に触れてみませんか。

 

苔の種類

雑草にも種類があるように、苔にもさまざまな種類があります。
大きくわけると「日向で育つ苔」「半日陰で育つ苔」「日陰で育つ苔」の3種類で、それぞれに代表的な苔が存在しています。

■日向で育つ苔
日向に置いて育てるのがポイントです。

【代表的な苔】…スナゴケ、杉苔など

■半日陰(明るい日陰)で育つ苔
半日陰は半日陰でも、日照量によって適した場所が違います。
これがまた奥深く、栽培が楽しくなる要素のひとつです。
【代表的な苔】
半日以下の日照量(朝や昼の3~4時間)…ハイゴケ、フデゴケなど
直接光がささない明るい日陰…ハイゴケ、シッポゴケ、ツヤゴケなど

■日陰で育つ苔
半日陰と同じように、日陰の程度によって代表的な苔が異なります。
【代表的な苔】
やや暗い日陰…シノブゴケ、コツボゴケ、ホソバオキナゴケなど
暗い日陰…マンネンゴケ、ヒノキゴケなど

 

苔の楽しみ方

苔の楽しみ方
苔そのものを見て楽しむのもいいですが、苔と木、苔と庭石…といった組み合わせもまた美しいです。
アンガールズの田中さんが立派な苔の絨毯をうつした写真を添えて「京都で素晴らしいコケの庭をみました」とブログに書いていましたが、我々が日々「いい景色だなぁ…」と思う場所には立派な苔が生えているものです。

たとえば、もののけ姫のモデルになった「白谷雲水峡」の苔むす森。
もののけ姫の神秘的な世界観を演出しているのは、まぎれもなく苔です。

苔は主役の魅力をより引き出す名わき役のような存在なので、苔だけに注目することはなかなかないかもしれませんが、苔が持つ緑のパワーは絶大なのです。

 

なにで苔を育てる?

花を植えるようなプランターで育ててもいいですし、部屋のなかで育てるなら瓶やガラスに入れて「苔テラリウム」を作るのも楽しいです。
苔テラリウムは、苔のほかに木や小石をレイアウトすれば、簡単に小さな庭ができあがるので、不器用なオヤジも熱中すること間違いなし!

スギゴケやハイゴケなどで作る「苔玉」というものもあります。
その名の通り、コロンと丸くてかわいらしく、YouTubeなどにも作り方がアップされています。

 

オークションで苔を売る人も

育てたり採取したりした苔をオークションなどで売る人もいます。
苔そのものが好きな人はもちろん、ガーデニングや盆栽に必要な苔を落札する人もいるのでしょう。

 

苔の一大ブームが巻き起こるかも!?

苔の一大ブームが巻き起こるかも!?
あなたは「苔栽培が趣味です」という人に出会ったことはありますか。
筆者は残念ながらまだありません。
認知度が微妙な趣味ですし、大声では言いにくいのかもしれませんね。

ですが、若者に人気のインスタグラムで「#苔」と検索してみると、25万件以上の投稿を発見!
他にも「#苔テラリウム」は1万件以上、「#苔玉」は5万件以上の投稿があり、肝心の“インスタ映え”もなかなかのものです。
「苔界のインフルエンサー」を目指すなら、今がチャンスですよ!

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • インスタ
  • ガーデニング
  • 流行
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ