YAZIUP CLUB会員募集中

スムーズに引っ越しするために〇〇が必要だ!

  • 2019/04/27
  • ライフスタイル・娯楽
  • 24view
  • 松村 昴
タグ
  • 住まい
  • マナー
  • 住まい
  • 常識
  • 引っ越し
  • 暮らし

慣れていない引っ越しのお悩み

慣れていない引っ越しのお悩み
引っ越しをする機会が多いオヤジは、引っ越しに慣れているはずです。しかし、これまで一度も引っ越しをしたことがないオヤジでは、引っ越しに慣れていないため悩みを抱えている方もいることでしょう。

とくに、「スムーズに引っ越すためにはどうすればいい?」「ご近所さんへの挨拶はどうすべき?」などの悩みが多いです。そこで今回は、スムーズに引っ越しをするために知っておきたい一般常識やマナーについて紹介していきます。

 

スムーズに引っ越すために知っておきたい一般常識

<引っ越しの時期について>
引っ越しの時期ですが、基本的に3月・4月や夏休み・冬休みなどが繁忙期となっています。そのため、それらの時期に引っ越しをする際には、早めに予約をしておくことがスムーズに引っ越しするためのポイントになります。希望のスケジュールを押さえるために、できるだけ早めに予約しておきましょう。

また、時期をズラすことが可能なら、繁忙期を外すのがおすすめです。業者によっては、繁忙期は料金が高く設定しているケースがあります。逆に、閑散期なら比較手にお安い料金になっていることがあるのです。スムーズ・お得に引っ越しするためには、あえて閑散期を狙うのがおすすめです。

<業者選びについて>
引っ越しの業者選びですが、意外と業者によって料金が違うので注意が必要です。どの引っ越し業者も、見積もりは無料なのが一般的となっています。そのため、遠慮することなく、引っ越しの見積もりを取って比較するのがおすすめです。

また、引っ越す一括見積もりサービスを利用するのもありです。同条件での見積もりを一括でできるため、とても簡単に料金を比較することができます。いずれにしても、お得に引っ越しをするためには、複数の業者から見積もりをとって比較することが重要です。

 

引っ越し挨拶でのマナーについて

<いつ誰に挨拶するべき?>
新居に引っ越した場合、しっかりと挨拶をするのがマナーです。難しいのが挨拶のタイミングですが、引っ越しの荷物が届く前に済ませておくのがおすすめです。引っ越し作業が始まれば、当然騒がしくなってしまいます。その前に挨拶をしておくことにより、悪印象にならず引っ越し後の近所づきあいにもプラスの影響を与えることができるのです。

挨拶に行く範囲は、住居状況などによって違います。ただ基本的には、戸建ての場合は「向こう三軒両隣」と古くから言われています。お向かい3軒と左右の2軒で合計5軒です。また、集合住宅なら左右上下のお部屋に挨拶しておくのが一般的となっています。

<手土産は必要?>
引っ越しの挨拶をする場合、「粗品」を贈るのが一般的です。ただ、あまり高価なものは避けてください。貰っても負担に感じない程度のものを贈るべきで、値段としては500円~1,000円ほどの品物にするべきです。

具体的には、「洗剤セット」「タオル」「お菓子」などが無難な選択となります。あって困るものではなく、しかも貰ってもあまり負担に感じません。引っ越し後の近所づきあいも見越して、礼儀正しく挨拶をしておきましょう。

 

一般常識とマナーで安心して引っ越しをしよう!

引っ越しについて不安・悩んでいる方は、まずは引っ越しにおける一般常識とマナーを知っておけば安心にスムーズな引っ越しをすることができます。時期については、繁忙期なら早めに予約するべきであり、できれば閑散期にするのがおすすめです。また、お得に引っ越しをするためには、見積もりをとって比較するべきです。

マナーとしては、引っ越し先では挨拶をするのが基本となっています。引っ越し作業に入る前に、挨拶しておくことで好印象を与えることができ、その後の近所づきあいにもプラスです。貰っても負担にならないほどの「粗品」を用意し、礼儀正しく挨拶するのがマナーです。スムーズに引っ越しの準備をして、正しいマナーで引っ越しを終えましょう。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ