記事制作方針ガイドライン

イージーパンツをおしゃれに穿きこなすには

  • 2017/04/08
  • ファッション
  • 189view
  • YAZIUP運営
タグ
  • カジュアル
  • おしゃれ
  • コーディネート
  • ファッション
  • 男性

楽だけどおしゃれじゃないというジレンマ

イージーパンツは、ウエストがひもで調節できるようになっており、ストレッチ性もあるので、着心地がとても楽です。一方で、全体にゆったりとしたシルエットになりがちなので、だらしない印象を与えたり、おじさんっぽく見られたりします。そんな恰好でデートに行ったら、彼女はガッカリするでしょう。

だからと言って、イージーパンツがまったくおしゃれにならないわけではありません。着こなしを工夫すれば、いくらでも洗練されます。ポイントは、どこかできちんと感を出すことです。

楽だけどおしゃれじゃないイージーパンツ

 

汎用性でイージーパンツを選ぶなら

イージーパンツには様々な形や素材があります。どれか1本だけ選ぶなら、スラックスやチノパンなど、フォーマルに寄せたものがお勧めです。シルエットがすっきりしているので、イージーパンツだけできちんと感を出せます。テーパードのように、太ももまではゆったりとさせて、くるぶしに向かうほどフィットするタイプは、着心地とシルエットを両立してくれます。

最近は靴下を履かずに足首を見せるのがトレンドです。イージーパンツで足首を見せるなら、最初から丈を短くするよりも、ロールアップで調節した方がおしゃれです。季節やTPOに応じてロールアップの位置を変えられるので、汎用性が高まります。そのためにも、裾にはゴムが入っていない方が良いでしょう。

フォーマルに寄せたイージーパンツがおすすめ

 

 

カチッとしたトップスで中和する

あえてスウェット地やジョガータイプなど、ラフなスタイルのイージーパンツを選んだら、トップスをカチッとした装いにしてきちんと感を出します。例えば、襟やボタンが付いたシャツを着るなどです。素材はリネンあたりがシャープで涼し気です。カーディガンやジャケットを羽織っても似合いそうです。

ただし、トップスのフォーマル感が強すぎると却ってちぐはぐになってしまうので、明るめの色調を選んで抜け感を出します。厚みのある重たげな素材も避けた方が無難です。薄手の生地で風通しを良くしましょう。

 

 

アイテムでカバーしてみよう

イージーパンツをTシャツと組み合わせるなど、上下ともラフにするなら、アイテムにこだわってみましょう。特に帽子は印象を大きく左右します。ニット帽ではすっきりさせつつ統一感を出せます。つば広のハットなら、さりげなくおしゃれに見せられるでしょう。

足元の定番はスニーカーですが、革靴やブーツにすると引き締め効果があります。体に密着する小ぶりなリュックや、直線的なデザインのクラッチバッグも程良くラフさをカバーしてくれるでしょう。

クラッチバッグを合わせてもgood

 

 

要のウエストは隠すかラインを作る

おしゃれ目的でイージーパンツを穿くなら、ひもで結んだウエストはトップスで隠すのが原則です。お腹周りが気になるなら、分かりやすくカバーするのではなく、丈が長いトップスで自然に覆われている感じにしましょう。

多くのイージーパンツはベルトを通せるので、あえてウエストラインを作ってメリハリをつける方法もあります。着心地は犠牲になりますが、すっきり感を出せて普通のパンツを穿いているように見えます。ここまで緩さを解消できたら彼女も満足して、腕を組んで歩いてくれるでしょう。

 

この記事につけられたタグ

  • カジュアル
  • おしゃれ
  • コーディネート
  • ファッション
  • 男性

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ