記事制作方針ガイドライン

可愛いおじさんを演出するファッションのポイント

  • 2017/07/16
  • ファッション
  • 143view
  • YAZIUP運営
タグ

気軽で可愛いファッションに馴染もう

気軽で可愛いファッションに馴染もう
かつてカッコいいで通用していた男性も中年になってくるにつれ、腹も出たりしてカッコ良くは無くなります。
それでもカッコいいおじさんを目指してファッションアイテムの収集に躍起になっている方もおられるかもしれません。
それはダンディでちょっとだけリッチでちょい悪風でもある男性を見かけると男性の自分でも目を奪われるくらいだからです。
しかしながらそもそもそんなファッションが似合う中年男性がどれだけいるかと思うと失礼ながらかなり疑問も感じます。
どう見ても背伸びをしているとしか見えないファッションには女の子も下心が丸見えのような気もしてしまうのです。
そんな不自然なスタイルに興味を持つのは止めて自分に合ったファッションを構築する方が女の子には評価は高いものです。
それほどパッとしない中年男性でも安心して近づきたくなるようなファッションは、可愛い系のファッションになります。
いい歳をして「可愛い」などと思われるのはプライドが許さないとまで言うならともかく、ここは女の子の目線を第一にファッションをチョイスするのが賢明でしょう。

 

ショートパンツを利用する

ショートパンツを利用する
これからの暑いシーズンはショートパンツが機能的で楽なファッションでもあります。
単に涼しいからと持っている男性も多いのですが、それを活用する方法はぜひ知っておきたいものです。
以前は毛深い足を出すなど有り得なかったのですが、最近の夏の暑さの影響もあってか人気が高まっているアイテムです。
そこで張り切って柄物にしたりすると、可愛いを通り越して単にガラの悪いおじさんのようにしか見えません。
お気に入りなら部屋着にしておいて外出するには避けておきましょう。
汚れも目立ちにくい黒っぽい色調にして、さらにそのままシャツも同じ色調で全体に地味にまとめましょう。
それでもショートパンツの存在だけで十分明るく可愛く見えるものです。
後は個性の問題でもっとより明るい存在感を出したかったらビビットな色調のシャツを合わせてもかまいません。
しかしいずれにしても柄物だけは安っぽく見えますので要注意です。

 

Yラインを意識する

Yラインを意識する
Yラインとは、全体が見た感じYの字のように見えるファッションになります。
一見、女の子風でもありますが、自分たちと同じようでそこが可愛いと共感されてしまうのです。
具体的には、ちょっと大きめのシャツと裾がきりっと締められたパンツとの組み合わせでそうなります。
ここでも柄物は避けてモノトーンのシンプルでシックなコーディネイトにしておきます。
さらに裾をロールアップする等して足首を見せるとよりスマートなシルエットになるかもしれません。
ちょっとお腹が出てもゆったりシャツで隠せます。
その上、腰の位置まで隠れてしまいますので足が短くも感じません。
さらに足元がすっきりしている事でスタイルも良く見えるのです。
後は靴とか小物などでさり気なく大人っぽく見せると、ただの可愛いだけでも終わらない深みも出てきます。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ