沖倉 毅の最新記事

米国では、一部の州を除きスポーツ賭博が禁止されているが、合法化されるかどうかが社会問題となっている。 この問題は後程ふれるとして、その前に米国のスポーツ賭博の特殊な事情として、おさらいしておきたいのが、ここ10年間で米国…

24view
沖倉 毅

スーパーのレジ袋は有料になったが、レジ横に置いてあるポリ袋は取り放題という日本。他の国々と比べて、マイクロプラスティック問題に対し深刻に捉えているとは言い難い。 そんな日本では不可能な法律が2年前のケニアで成立した。 ス…

28view
沖倉 毅

公営バスが、採算が取れない路線の経営改善の為に、民間バス会社に委託しているのは周知の事実だ。 その先駆けとなったのが、’00年にはじめた京都市バスだが、委託契約先の値上げや、契約打ち切りの危機に晒されている事…

39view
沖倉 毅

日本の中小企業400万社のうち、127万社は後継者に恵まれず廃業に追い込まれているのが現状です。 国内の産業を支えてきたのは中小企業なだけに、大廃業時代の到来は国の産業の衰退とも言われています。 そんな中、事業規模100…

23view
沖倉 毅

この季節、インフルエンザの予防接種で医者に行く人もいれば、その前に風邪にかかって医者に行く人もいるだろう。 それ以前に、高血圧など生活習慣病の為に、毎月医師のお世話になっている人もいるかもしれない。 そこで問題なのだが、…

26view
沖倉 毅

ちまたに溢れるビジネス書では段取りとして、Plan(計画)、Do(実行)、Check(進捗確認)、Action(まとめ)の4点セットで教える事が多い。 たまにPDCAの4点セットで、物事を進めていくと、計画倒れに終わった…

42view
沖倉 毅

特許ビジネスは独自技術を他社に使わせないか、ライセンス料を取るクローズド戦略か、事業拡大の為に公開するオープン戦略のどちらかにわかれる。 この違いは具体的にどういうものだろうか。   昔は特許=クローズドだった…

38view
沖倉 毅

どの企業にも求められるのは、ピンチをチャンスに変えられる力と組織の柔軟性だ。 以前、国の威信をかけて取り組んだ事業の比較で東海道新幹線とコンコルドの例を挙げた。 ピンチをチャンスに変えた東海道新幹線が生き残り、リスクを隠…

80view
沖倉 毅

20年以上就職難が続く韓国。 物価は高等し経済格差も広がるばかりのこの国のトレンドは『小確幸(ソファクヘン)』だ。 遠くの野心や出世よりも、身近な幸せや当たり前の事に感謝しようと思う様になった韓国人の20~40代の心境の…

33view
沖倉 毅

かつて『チョコの街』として知られていた、カナダ・オンタリオ州の小さな街が大麻の街に変わりつつある。その勢いは、一部の州で栽培販売が合法化された米国を脅かす程だ。 今まで医療用限定で販売されていた大麻が娯楽用に解禁された事…

38view
沖倉 毅

お金持ちが購入しそうなタワマンだが、30~40年近く不動産市場を見てきた大手不動産デベロッパーや、不動産ジャーナリスト、広告業界によると、タワマンは、あくまで短期投機の『商品』としてみるか、期間限定で住むためのものだとい…

54view
沖倉 毅

処方箋薬局に行くと『ジェネリックにしますか?』と聞かれる事がある。 ジェネリック(後発薬)と薬効が変わらないのであれば、薬価も安い事だし、命に関わる重大な疾患でもない限り、 先発薬を無理に服用し続ける事もない。 薬の服用…

33view
沖倉 毅

ディーラーの下取りに持っていくとリサイクル料金を取られそうな、走行距離10万キロを超えているマイカー。 昭和の遺産に、しがみついて手放せないハイソカー。 オヤジ及びオヤジ予備軍になると、終活の一環で問題になるのが、これら…

103view
沖倉 毅

会社の経理担当者なら、毎日社員から送られてくる領収書に見慣れているはずだ。 何でもかんでも出来る限り経費で落とそうとするセコい社員がいれば、領収書を持ってくる度に、いつかギャフンと言わせてやろうと思う気持ちは判る。 そこ…

142view
沖倉 毅

企業に勤めるにしても、個人事業主にしても、何等かの形で直面するのが勤務先なり取引先の倒産の危機だ。 私自身も、叔母の紹介で入社した会社がまさかの倒産の憂き目に遭った。 勤務先は親会社に吸収合併され、私は再雇用されたものの…

30view
沖倉 毅

日本で、コンサル会社や、リーダーシップセミナーを行う会社の社員と言えば、MBA(経営学博士号)所得の経済学者、税理士、公認会計士、元会社経営者だと思うだろう。 所変わって米国では、フォーチューン500に選ばれる会社が、講…

30view
沖倉 毅

自分が気に入ったモノやイベント、サービスを、他人がどう思おうと勧めてくる人がいる。 『オレは基本的に誰が勧めたモノでも受け入れるけど…』と口先で言っておきながら、本心は『オレの勧めたものが一番!』という人だ。 こうした人…

32view
沖倉 毅

生活が不規則で常に疲れが溜まるというのは、よくある話だ。 だがその内訳が、夜中まで飲み歩いていた、夜中までスマホでネットサーフィンをしていた、前日に遊んでいたというのであれば自己責任。 20代~30代なら少々の無茶をして…

74view
沖倉 毅

どんな立派な資料を作ったとしても、伝わらなければ意味がない。 プレゼンで手元の資料を読む事に終始していたり、自分の事を喋るのに精一杯で、聴衆の反応を見る余裕がなければ、そのプレゼンは失敗に終わったと言っても過言ではないだ…

25view
沖倉 毅

ダイソンが火付け役となった、5万円を超えるプレミアム掃除機市場。 人気は底堅く、コードレスでは価格が10万円近くするというのに、後発のルンバを押しのけ市場の5割をダイソンが占めるというのだ。 そんなダイソン一強の米国市場…

97view
沖倉 毅

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ